フォトジェニックなフランドル伯爵城

青空にフランドル伯爵領をお散歩中、老犬黒トイプーのあづきです。その昔、羊毛業で栄えたフランドル地方。その中心地がここベルギーのゲントで、今でもフランドル伯爵城が旧市街の中心部に残っています。中世時代、この羊毛貿易の利益を巡って英仏は100年戦争を戦うことになるわけですが、、現代はのどかな散歩コースとなっています。

なかなかにフォトジェニックなフランドル伯爵城。

市民の憩いの場として、皆さん芝生でゴロゴロ。意外に人は少ないので、旧市街を散策する時の休憩スポットとしてお勧めです。

「よし飼い主、ボート乗り場に出陣じゃ!!カバンを出せ!!」ははー。なんかえらそうですけど、普段の移動はもうお籠です。飼い主がんばります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。