岩切裕布 2020.01.28

 

暦の上では大寒、まだまだ寒い日が続いていますよね。空は寒さが苦手ですが、食欲が落ちることはありません。冬着を着こみながらジェラート屋さんの前で待つ柴犬…

こちらの素敵なお店は、旧軽銀座を上って中ほど、十字路を曲がった先にあるジェラート屋さんL’ibisco(リビスコ)さんです。季節に合わせ、新鮮な果物や食材を使用したジェラートに一家全員魅了され、かれこれ15年近くお世話になっています。今となっては銀座にもお店を構え、テレビでも取り上げられるようになった名店です。

お店の目の前は、上皇后様ご夫妻ゆかりの軽井沢会テニスコートが広がっています。

空はいつも、自宅では家族が食べ終わったヨーグルトの容器を舐めるのが楽しみになっていますが、軽井沢に来たときは特別ボーナス、リビスコさんのカップをお裾分けです。

ジェラートはいろいろな種類がありますが、何でもかんでもというわけではなく、空は「オブセ牛乳」限定。このジェラートの原材料は牛乳、生クリーム、砂糖ととてもシンプルですが、人の舌で味わっても甘すぎず、牛乳そのものの風味が口いっぱいに広がります。

さて、お待ちかねのカップのお味はいかがでしょうか?言うまでもなく美味しいよねぇ(動物に人の食事をそのままあげることを推奨しているわけではないことをご理解いただければと思います)。私自身、臨床医の頃は「人のものなんてあげないでくださいね!」と飼い主さんにお話していました。ですが、DC one dishの仕事を始めてからは少し考え方が変わりました。きちんと考えれば、案外一緒に食事を楽しめるものなんだなぁ、と。一緒に楽しめることが増えるなら、それに越したことはないですものね。

犬猫の主食といえば総合栄養食ですが、1日の摂取カロリーの20%以内であれば、主食の栄養バランスを大きく損ねることはないと栄養学上言われています。お家でおやつをあげるときもこれを目安にしてみてください。

わんこは店内には入れませんが、ジェラートに合う温かい飲み物や、可愛いオリジナルグッツも販売しています。軽井沢や銀座に行かれた際は是非、味わってみてください!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。