岩切裕布 2020.09.22

食と思い出って、関連づくことありませんか?

あの時あの人と、あんなもの食べたな~、とか、あの場所で食べたあれは最高だったなぁ、とか。

これは獣医学生時代、たかが1カ月弱ですが沖縄に泊まり込みで実習をしに行ったときの記憶のお話です。

実は、学生時代の私は水族館で海獣の診療をする獣医師を目指していました。もちろん、犬猫は大好きだったんですが、幼少期に水泳三昧の日々を過ごしていた影響で水の中を自由自在に泳ぎ回るイルカに興味を持ったんです。ということで、獣医学生時代は色々な水族館にお願いをして実習をさせていただいていました。

この渦巻にこの景色、見る人が見ればどこらへんなのかは察しが付くかと思います。
マンスリーのアパートを借りて、住み込みでの実習。食事は水族館スタッフさんに連れて行ってもらいスーパーで買い込んだ地元食材を使って自炊の日々です(といいつつ、飲みに連れていってもらったりもしましたが)。

てなわけで、私は毎度、ゴーヤチャンプルーを作ると当時のことを思い出します。笑

不思議なもので、その時の空気感とか、人との交流とか、そんな事まで思い出させてくれるんですよね。ゴーヤチャンプルーさん、ありがとうございます。笑

「空さん、沖縄って知ってる?暑いから絶対歩きたくないって君は言いそうだけど、とても素敵なところなんだよ。」と、料理をしながら語らう飼い主(空自身はおこぼれが目的)。

え、なにこれ食べられるの?!

と、興味津々な空さん。確かに魚の乾燥したやつだから、食べられそうな気がするだろうけども。これは当時お土産?にいただいたフグの標本です。本当に良くしていただいて、沢山の刺激と楽しい思い出が1カ月弱という時間に詰め込まれていました。

「とりあえず美味しければいいのよ。」(もっとおこぼれよこせ、の顔)

なんかこのくだりつい最近もあった気がしますが、栄養かを考えるのは私の仕事ですもんね。はい、尽くしますとも。愛犬との思い出話、きっとこの時間もいつかいい思い出になっていくんでしょうね。

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。