吉田パンダ 2020.09.25

さんざん悩んで買ったバナナ皮キャットタワーで、ようやく普通に遊ぶようになったサバトラ猫ノアです。ずっと瞳孔がまん丸だったらいいのにねえ。

こちらは最近まともに立てず、すぐにひっくり返ってジタバタしてるので、自力で復活できるようにとフレンチクルーラーみたいなふわふわカーラーをつけられた老犬トイプーあづきです。

後ろ姿も雅なんです(笑)。しばらくキャンプ編が続きましたが、今回は二匹の日常をお届けします。

この頃庭に他の猫がよく現れるようになり、第三警戒レベルを敷いているサバトラです←第一第二は知りません。

「あやしいやつはいないかニャ〜」

いや、それ絶対警戒してないよね?

「これが最高レベルじゃいっ!!」

はい、お父さんよーくわかりました。納得したよ。

ノアさん、暖炉の上に登ることも覚えました。モノは落としたことがない、えらい猫です。

ぼよーん。こちらは寝ても起きてもほめられる、16歳。

「抱っこされるのが仕事ですよ」

そうだよね。すでに犬神さまだから。ずっとそのままでもいいよ。

お昼寝タイム。右のクッションにだいぶ高さがあるのでノアが大きく見えますが、本来そんなにサイズは変わりません。

さてノアさん、お昼寝したあとは飼い主とコラボ。ピアノを弾いていると、頼んでいないのに何度もジャズアレンジしてくれます。いや、ほんとやめて。

そして、時には大罪人ノア!飼ったばかりの頃はそれこそ猫を被っていたのか(?)、自分のフード以外興味がないそぶりでしたが、最近は台所でも絶えず獲物を狙っています。

「でもノアさん、悪くないの」

わ、、悪くないね(親バカ)。こんな感じで今日も一日が過ぎていきます。もう夏も終わりそう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。