In Style vol.12

朝晩の風が涼しく感じられるようになったら……そろそろ愛犬とおでかけしてみませんか? 愛犬を愛車の後部座席や助手席に乗せて、安全に楽しくドライブできるアイデアを探しました。

 

 

vol.12 愛犬とドライビング・ファン

 

ドライビングベッド〈8th Mon Carseat_Normal Size〉¥42,000/モンシュシュ(Chuck’s TOKYO 表参道ヒルズ)

愛犬をクルマに乗せるときは、普段使っているドッグベッドをそのまま運び入れるという方も多いかもしれません。でも、不測の事態にもし急ブレーキを踏んだら? ベッドごと転げ落ちたら危険です。モンシュシュのドライビングベッドは座席の背もたれに固定できるようにベルト付きだから安心。持ち手もついているので愛犬が入った状態でも移動でき、病院へ連れていくときなども便利。洗濯可能なカバー地は全6色の展開です。

サニーストライプシートベルト(サイズSS/オレンジ)¥5,300、クール マックス ニットサッカーシャツ(サイズM/ブルー)¥7,000/ともにfree stitch

窓から顔を乗り出して風を感じたい愛犬に。4色を配したサニーストライプにヌメ革を合わせたポップなシリーズは、どれも「映え」するリーシュやカラーとして人気。ドライブには、シートにセットできるシートベルトが便利です。ブルー、グリーン、オレンジの3トーン展開。

〈GOOD MANNERS DOG SERIES〉DOG ON BOADステッカー(we original)¥1,000/we dog & cat home furnishing

時々見かける「犬や赤ちゃんが乗っています」というステッカー。事故や災害が起きた際、救助の人へ車内の状況を伝えるために役立ちますが、これほどさりげなくおしゃれなものはなかなか見つかりません。〈GOOD MANNERS DOG SERIES〉とは、we dog & cat home furnishingが作る盲導犬総合支援センターのライセンス商品。一連のプロダクトの売り上げから、その8%が盲導犬総合支援センターを通じて、補助犬の育成支援や障がい者の社会参加の支援活動に役立てられます。

わんこのUNCO 初回お試し版(1袋6個入り)¥463、UNCOポーチ(わんこのUNCO一個つき)¥3,600/エクセルシア

長時間のドライブ時。パーキングエリアや出先でしたウンチをどこかに捨てるのはマナー違反。かといって、クルマに置いておくのは臭くて困る……という方に。災害トイレ処理剤を使用した「わんこのUNCO」は、袋内のパウダーをふりかけるだけで天然木材成分が便の臭いをカット!圧倒的な脱臭力で、長時間のドライブでも安心です。ポーチは持ち手のアレンジが4種あり、ベルトやリーシュはもちろん、車のヘッドレストやペットカートにも取り付けられます。

スクエアトートリネン ソリュット(サイズLL/W53×H35×D26cm)¥27,000/free stitch

倉敷の帆布専門工場で、昔ながらのシャトル式力織機により、ゆっくりと織られた厚手帆布(リネン100%)を贅沢に使用したトートキャリー。染色加工や糊付加工をせずにナチュラルに仕上げたトートバッグは、長く使用することで犬にも人にも馴染んでいきます。このバッグに入るのが好きな愛犬なら、バッグに入れたままシートやフロアに置き、到着時はそのまま肩掛けで移動、と機動性抜群。

人工芝ポータブルベッド(サイズLL)¥1,320/free stitch

ホンモノそっくりの人工芝マットを、free stitchのオリジナルキャリーにピッタリ合うサイズで発見! 外出先や、移動中も愛犬が快適に過ごせるほか、汚れてしまっても、ざっと洗えるからいつでも清潔。なにより、見た目にクスっと笑える洒落が効いています。

 

問い合わせ

Chuck’s TOKYO 表参道ヒルズ
☎03-6427-3800
www.chucks-tokyo.com/

free stitch
☎03-5456-8203
info@freestitch.jp
https://fs-store.jp/

we dog&cat home furnishing
www.we-original.com

エクセルシア
http://excelsior-inc.com/wanco/


Photos by Yoshiaki Tsutsui, Styling by Makiko Okamoto,
Model by タンタン(Welsh Corgi)、Theo(Pomeranian)
Thanks to TITLES, Shiori Kato
Text and Edit by Miyako Akiyama

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。