ノアのログハウス案内

こんにちは、ログハウス滞在での夕飯時に籐の椅子でくつろぎ中、サバ猫ノアです。

本日の食卓は、生ハムメロンに自宅から持ってきた瓶詰めのブランケット・ド・ヴォー(仔牛のクリーム煮込み)。「ヴォー(Veau)」とはフランス語で仔牛のことですが、その昔カレールーの宣伝で「美味しいフォン・ド・ヴォー入り!」という謳い文句に、「ほほー。フォンドヴォーっていう食べ物があるのかー。どんなものだろう」と、フランスに来るまで知らなかったのはワタシです(「フォン」は出汁のこと。「フォン・ド・ヴォー=仔牛のダシ」)。

「チミチミ、それよりわらわのクロケット・オ・トリュフはまだなのかしら?」

はっ、ご用意しております。トリュフは入っていないけど。

「あ?トリュフが入っていない、、、だと!?」

顔こわいよ。そもそもトリュフを見たことも食べたこともないでしょ。

「聞いたことはあるんじゃーい!」

なんでやねんというわけで、猫4コマ漫画を楽しんでいただいたあとは月光浴へ参りましょう。この小屋のオーナー曰く、夜1時頃に南中する満月が池に映って綺麗だから、寝ないで見てみるといいよとのこと。

あいにく今回は三脚を持ってこなかったので、ノイズが目立つ写真ですいません(プロ失格)。庭に出てみると、夜でも道に迷わないほどの明るさ。

青空に浮かぶ太陽のようですが、月です。この日は風もなく、池の水面はまるで鏡のようでした。水鏡に映る月が綺麗だよなんて、なかなか日本的感性ですね。やるなアルフレッド←オーナーのおじいちゃんです。

水面に映る月は、静かに底へ向かって沈んでいく彗星のようです。明日アルフレッドにお礼を言わなくては。

「月とか池とか、ノアどうでもいいです。急に出かけないように」

ははっ。

翌朝の池には霧が立ち込めていて、これもまた幻想的でした。

これも水面に映った世界。

さてノアさん、おくつろぎのところ申し訳ないが、そろそろ帰宅ですよ。

「そうはさせませんよ」

この間旅立った老犬トイプーも、こうやってスーツケースの中によく入っていたなあ(涙)←しっかりして。

はい、楽しい時間はあっという間です。リードをつけた散歩がまだうまくできないノアは、最後にお籠に乗って庭を散歩します。

花ですよー(どうでもいい)。

池ですよー(全く興味を示さない)。

ちょっとだけ芝生散歩もしてみました。

「くんくんくん、、」

ノアさん、がんばってナポレオン金貨を掘り当ててください。次回はノアの嫌いな病院から、予防接種編をお届けします。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。