Mon Cachette vol.13

2004年に芸能界を引退してから、料理研究家としてカフェをプロデュースするなど多方面で活躍する宮前真樹さん。ヘルシーでおいしい、真樹さんのお料理をこよなく愛する愛犬エルマーとの、充実した日々をご紹介します。

 

 

vol.13 宮前真樹さん&エルマー(ロングヘアード・ワイマラナー、雌、2歳)

 

「エルマーのごはんのあとは少し胃腸を落ち着かせたいから、午後いらしてくださいね」と連絡をくれた宮前真樹さん。真樹さんといえば、アイドルグループCoCoで活躍されていた華やかなイメージがいまも記憶に新しく、ご自宅にお伺いするのはちょっと緊張……していましたが、トビラを開けてくださったのは気さくな笑顔の真樹さんと、元気に飛びついてくるエルマー。

ブルーグレーの毛色が美しい、ロングヘアード・ワイマラナーのエルマー。

真樹さんは2年ほど前に写真家の萩庭桂太氏と結婚。独身の頃から犬や猫とともに暮らしていた真樹さんは、新婚家庭にも大型犬を迎えたく、保護犬サイトなどをリサーチしていたそう。そこにご縁があって迎えられたのが、稀少なロングヘアード・ワイマラナーのエルマーでした。

大好きな代々木公園をお散歩。

甘えん坊のエルマーの1日は朝早く、日の出とともに目を覚まし、ベッドで眠る真樹さんを起こしにくることから。すぐにお散歩、帰宅して朝食、そしてお昼寝……と、のんびりとしていながらも規則正しい毎日です。

ペット栄養管理士の資格も取得した真樹さんの手作りごはん、おいしそう!

この日は鶏のささみや軟骨などタンパク質を中心に、野菜で彩りも豊かに。

「おいしい~。ママ、いつもありがとう」

なんておいしそうなごはん! 最初はドライフードを与えていたそうですが、料理研究家でもある真樹さんは、愛犬にも安全で安心できる手作りごはんを食べて欲しいと考え、ペット栄養管理士の資格を取得。数々のセミナーやワークショップに参加し、エルマーに必要なたんぱく質量や栄養素を考えたうえで、ごはんを日々手作りしています。

食後はしばらくお昼寝……。

「ワイマラナーは本来とってもアクティブなのですが、食後すぐに運動すると胃捻転になりやすいので、ごはんのあとはしばらく休ませるようにしています」(真樹さん)。

おやつも手作り。

そして、手作りはごはんのみならずおやつまで。害獣駆除された鹿肉の骨や鶏の胸肉をオーブンで丸一日かけてジャーキーにするのだとか。その香ばしさに、人間(私)の食欲もそそられます。エルマーは毎日おいしいものを食べられて幸せものですね。

エルマー用の食材がぎっしりと詰められた専用冷凍庫。

そして幸せそうなエルマーの姿が見られるのはこんな意外な場所でも。

エルマーの入浴は週に1回程度。

実はエルマー、お風呂が大好き! 仔犬のころから入浴していたので、いまもまったく抵抗なくバスタブに入ってくるのだとか。この笑顔!

お風呂に入れる担当はご主人の萩庭さん、タオルで拭くのは真樹さんの担当。

ふたりと1頭、というより3人で暮らしているように見える真樹さんと萩庭さん、そしてエルマー。その長い四肢と理知的な瞳のせいか、どうもヒトに見えて仕方ない、不思議な犬でした。また会いたいなぁ。

真樹さんがプロデュースしているカフェレストラン「エムナチュール」では、毎週土曜日に限り犬の同伴OK、店内で一緒に過ごせるそうですので、ここへ行けばエルマーにも会えるかも⁉

「エムナチュール」東京都渋谷区渋谷2-2-3 ルカビル2 B1F

今回の写真はすべて真樹さんのご主人である萩庭桂太さんにお撮りいただきました。


Text by Miyako Akiyama, Photos by Keita Haginiwa

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。