【特集】Chuck’s TOKYO

「Chuck’s TOKYO(チャックストウキョウ)」は、愛犬・愛猫のためのケアコスメブランドが手がけるトータルペットライフショップ。今回は直営店である「Chuck’s TOKYO表参道ヒルズ店」へ行き、おすすめのグッズや最近のトレンドについて聞きました。

 

 

オリジナルグッズや世界中からセレクトしたアパレルが並ぶブティック、そしてスペシャルトリミングサロンの複合型店舗として2019年3月にオープン。ハイエンドな顧客から支持を集めている「Chuck’s TOKYO」は「わんちゃん、ねこちゃんたちの幸せに寄り添う」という想いを軸に、さまざまな側面を持っています。

シャンプー(写真左)から歴史が始まった「Chuck’s TOKYO」のオリジナルケアグッズ。同品はペットと飼い主の負担を配慮して、1本で洗浄、皮膚・被毛のケアと保湿、消臭までしてくれる「3 in 1タイプ」を採用しています。

 

1.ひとの赤ちゃんにも使える「オリジナルケアグッズ」

ブティック内を見渡すと印象的なのが、端正なルックスながら確固たる存在感を放つオリジナルケアグッズです。本来、ペット用ケアグッズは雑貨扱いとなり、全成分表示は義務付けられていません。しかし、赤ちゃんにも使えるヒューマングレードで製造されている同ケアグッズシリーズでは、全成分をパッケージ裏面に記載しています。

「NAIL&PAW OIL PEN」(写真左)は爪だけでなく、肉球のマッサージにも使えるスグレもの。ペット用では珍しいネイルペンというチョイスが、ギフト用としても人気。

香りをかぐと、ベルガモットの香りを基調に、バニラのニュアンスが少し感じられます。ひとによってはちょっと物足りなさをおぼえるかもしれませんが、これは敏感な嗅覚を持つペットのことを考えて、あえて控えめに施された仕様。「MADE IN JAPAN」にこだわり、ひとのナチュラル化粧品と同等のやさしい処方で生産されているのも特徴です。

 

2.栄養価の高い食材をチョイスした「オリジナルフード・トリーツ」

パッケージも人気のオリジナルフードとトリーツ。小型のケースは、お散歩の際のおやつ入れとして使用するファンも多い。

オリジナルケアグッズと同様、洗練されたパッケージにキュンとなるのがオリジナルフードとトリーツ。すべてひとが食べられる食材だけで製造され、保存料、添加物は一切使われていません。チーズに肉を巻き込んだ「国産無添加 プレミアム鹿肉チーズ」、牛の約2倍、鶏の約4倍の鉄分が含まれる鴨肉を使用した「国産無添加 プレミアム京鴨ささみ」など、なんだか気になるアイテムがいろいろ……。

ひとが食べても美味しいと噂の「国産無添加 プレミアムモッツァレラチーズフリーズドライ」。フリーズドライ製法によって、栄養素そのままにふんわりサクッと仕上がっていて食べやすいのもうれしい。

基本的には国産のアイテム中心の同フード・トリーツシリーズですが、なかにはオーストラリア産の「無添加 プレミアム カンガルーラング」といった変わり種も! アイテムとしての目新しさはもちろん、高タンパク、低脂肪、低カロリーなカンガルー肉は栄養源としても注目の食材なのだとか。店舗では試食もできるので、愛犬・愛猫が味を気に入るかどうかを確認してから購入することもできます。

 

3.カフェでのカウンセリングを重視した「トリミングサロン」

トリミング利用者が利用できるカフェ。オーガニックコーヒー、スムージー、ハーブティーなどが供され、一角には愛犬・愛猫用の撮影コーナーも。

同ブランドが大切にしている「わんちゃん、ねこちゃんへの最高のおもてなし」が空間として体現されたのが、トリミング、スパ、マッサージが受けられるトリミングサロンです。併設されているカフェスペースで、飼い主と愛犬、愛猫、そして担当トリマーの三者でコミュニケーションを取り、入念なカウンセリングを行った後にケアに入ります。

現在、訓練中だというトイ・プードルのルルさん。首輪を痛がるため、その苦痛を軽減するために首回りはマフラーのようなスタイルに仕上げています。

カフェでのやり取りはまさに美容室でのカウンセリングのよう。SNSで話題の有名犬のスタイルを相談できたり、具体的なイメージがない場合は、同店のInstagramで紹介しているスタイルをもとに、その子に合わせた提案をしてくれます。サロンでは、美容機器メーカー「ReFa」のシャワーヘッドなど、思わずひともうらやむ最高級ケアグッズが採用されています。

 

最近のHIT商品トップ3!

Chuck’s TOKYOの店内

ほとんどが国産にこだわったオリジナルアイテムと並んで、同店を個性豊かに彩るのが世界中からセレクトされたアパレル&グッズ。イタリア、韓国、ドイツ、フランスなどさまざまな国のアイテムが目白押しです。今回は、最近の売れ筋を同店の島﨑亮祐さんにお聞きしました。

 

1位:イタリア「Charlotte’s Dress」の素材がセレクトできるカラー

スワロフスキーと正規でコラボレーションしている「Charlotte’s Dress」のアイテムは石の扱いが繊細で丁寧。華やかさと上品さが両立しています。

イタリア人女性デザイナーが手がける優雅できらびやかなデザインで知られる「Charlotte’s Dress」。正規品認証の「SWAROVSKI」をあしらったアイテムも人気ですが、なかには素材を自分で選べるカラーもあります。「シーズンによって新たに素材が加わるなど内容は変わりますが、現在は約50種類の素材が選べます」(島﨑さん=以下同)

 

2位:オランダ「LORD LOU」の品格ベッド

ケーン張りや、ベルベットのクッション、クラシカルな装飾などが特徴のLORD LOU。

オランダのペット専用家具ブランド「LORD LOU」。欧米のお洒落なインテリアにも合うように、通常の家具と同じ品質とデザインでアイテムを発表しています。
「おうち時間が増えたことを反映してか、ベッドのニーズが増えています。『LORD LOU』のベッドは品格あるたたずまいで、本物志向の飼い主様にも満足いただけるかと思います」

 

3位:アメリカNY「WAGWEAR」のオリジナルウェリントンブーツ

履き口の両サイドにスリットを入れることにより、ブーツの脱ぎ履きを簡単になるよう機能的にデザインされています。

NYのグリニッジ・ヴィレッジを拠点に、洗練されたドッググッズを発信し続けるブランド「WAGWEAR」。元ファッションモデルのAmy Harlow氏による、アパレル素材をドッググッズにスマートに取り入れるアイデアで愛犬家の心をつかんでいます。「こちらは通年で人気のアイテムで、お散歩の際の相棒として親しまれています。アメリカ・ロサンゼルスのブランドも扱っていますので、個性の違いもお楽しみいただければ」。

レディ・ガガなど多くの海外セレブに愛用されているアメリカ・ロサンゼルスのブランド「MOSHIQA」。ポップでキュートなデザインは街中で目立つこと間違いなし!

店内を見てまわるだけで、日本から海外まで、さまざまな地域を旅行しているような気分になってテンションが上がります。「もともとギフト需要が多い『Chuck’s TOKYO』ですが、最近はご自分のわんちゃん、ねこちゃんのためのご利用が増えてきました」と島崎さん。本物志向のアイテムは大切な家族にこそ贈る、そんな目の前の幸せを照らすチョイスがいま、求められているようです。

 

 

Chuck’s TOKYO
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館 地下2F
☎ 03-6427-3800
https://www.chuckstokyo.com/

 

cachette有料会員特典

【Salon特典】スパ&エステからお好きなものを1点プレゼントはこちら
【Boutique特典】オリジナルネイルオイルペンプレゼントはこちら


Photos by Daisuke Hayata, Text by Rui Minamoto

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。