【特集】isola felice

毎日のお風呂タイムの質を格上げするシャワーヘッド。美容ニーズにも応えてきた「isola felice(イゾラフェリーチェ)」が愛犬専用に開発したシャワーヘッドって一体? その魅力に迫ります。

 

 

おうち時間が増えるいま、毎日のお風呂タイムの心地よさを見つめ直している方もいるのでは? そんな気分を反映してか、さまざまな機能を持ったシャワーヘッドへの注目があらためて高まっています。なかでも毛穴汚れの洗浄や保湿、毛髪への優しさなどの美容ニーズを捉えたブランドの製品が人気のもよう……!

isola feliceは55年余りの歴史の中で、美容ニーズはもちろん「シャワーヘッドが持つ意味」を考え続けてきた株式会社フクシマ化学が運営するブランド。株式会社フクシマ化学では、購入者の使用環境も考慮し、大手メーカーとともに、材質の選定、散水性能、安全性の改良などに取り組み、年間85万本、合計2,100万本のシャワーヘッドを世に送り出してきました。

そんな同ブランドが手がけた愛犬専用シャワーヘッドが「laqua pico」。水道の圧力だけで、1ccあたり約100万個のマイクロバブルを発生させるという、もとは人の美容サロン用に独自開発したという特許技術(※)を犬用のシャワーヘッドに採用しています。
※特許番号:特許第4933582

「月に数回、一生行っていくシャンプーだからこそ、飼い主さんとペットの心地いいスキンシップの時間となってほしい」という開発者の思いを具現化したシャワーヘッド。同品がいかに愛犬にとって「気持ちいい!」のかご紹介しましょう。

 

毛穴の奥の汚れまでしっかり洗い流して「爽快」

愛犬の疾病のなかで大きな割合を占める「皮膚病」。キレイに洗ったつもりでも、洗い残しがあると、かえって皮膚病を誘発する原因になってしまうのだそう。「laqua pico」は、毛髪の直径(約80μm)の約1/120、0.1μm以下の毛穴より小さなマイクロ・ナノバブルが、シャワーの泡切れはもちろん、犬の毛穴の奥に入り込んだ汚れや分泌物などをしっかりと洗い流すからボディがすっきり爽快です。

 

安心な洗浄効果が、においの発生もおさえて「快適」

水と泡だけで作られる極微細の泡で、フケや汚れをやさしく洗い流すため、強い洗剤の使用を控えることができます。肌の弱い犬にも安心して使用できるほか、マイクロ・ナノバブルの界面活性作用の高い洗浄力により、臭いの原因である分泌物も洗い流すから、シャワー後は犬のにおいも気になりません。また、ツヤのある毛並みも保つことができるのもうれしいポイント!

 

シャワー圧と音がやさしい設計で「ストレスフリー」

やさしい水流で水の飛び散りが少ないため、水を嫌う愛犬にも使いやすく、さらに音も静かだから、シャワーを怖がる子も嫌がらない構造設計です。また、女性の手の平にもすっぽりおさまるコンパクトな形状のため、飼い主が水をかけながら、まるで手のひらで触ってあげるようにスムーズにシャワーヘッドを扱うことが可能。犬たちも安心して身を委ねることができるでしょう。

 

愛犬目線にこだわった同品ですが、飼い主にとってのメリットもたくさん。たとえば、人用の製品同様、シャワーの広がりを抑えた散水版を利用しているので、約30%の節水になります。また、ほぼすべての国内メーカーに対応できるアダプターが用意されていたり、定期的なカートリッジ交換が不要だったり、導入時の手間も追加コストもかからないのも魅力です。

 

利用環境にもよりますが、通常通り利用した場合、5年~10年は使用できるとのこと。長きにわたって、愛犬のお風呂タイムの良き相棒となってくれそうな逸品です。ちなみに、同ブランドは、犬とのふれあいを通じて子供の「心の成長」を導く道徳教育プログラム「こども笑顔のラインプロジェクト」(※)を応援。「laqua pico」 1本の売上につき200円を寄付することができます。
※「こども笑顔のラインプロジェクト」のホームページ http://www.kodomoegao.com/

シャワーを嫌がる犬は案外多いもの。愛犬がいままで感じてきたストレスを解消するだけでなく、さらに快適に心地よく導く「laqua pico」。愛犬のシャワータイムもラグジュアリーが叶う時代が到来しています。

 

isola felice(laqua pico)
https://isolafelice.jp/products/detail.php?product_id=6

 


Text by Rui Minamoto

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。