ベルネーで猫散歩仲間に遭遇

こんにちは、ペットキャリーの中でペロッと甘え中なサバトラ猫、ノアです。

緊張の面持ちですが、愛用の安眠ベッドを車に積み込み、今回も猫遠足へ旅立ちます。

目的地は古都Bernay。ノルマンディーの古い家並みが残り、水路がのどかに流れる小さな町です。

「む、あそこにいるのは、、」

さっそくお仲間を発見。猫さん、怪しいものじゃありませんよ、もう一枚宜しくカシャッ←十分怪しい。

毎度ご紹介していますが、おもちゃのような街並み。

車道を一本ずれると、水路に沿った散歩道が続きます。静かで気持ちの良い場所です。

水草も、時が止まったかのように美しく。

お、川に面した家が貸し出されてますね。岸辺に座って、釣りでもしながら読書でしょうか。

ちなみに、ちょっと猫散歩に挑戦と思いましたが。

「よし、このまま歩くが良い」だそうです。

さて、散歩をしていると、桜並木も咲いて春らしいベルネーの公園でまた猫と出会いました。

はい、猫ちゃんはこちら。遠くから見た時は犬?と思ったのですが、近づいてみれば、我らと同じく猫散歩に挑戦中のお二人+一匹でした。

お名前はポロション。可愛くて変な名前だね、ポロション!と思ったらフランス語でした(無知)。「長枕」という意味で、エルメスのバッグにも同名のものがありました。知らなんだ、ポロション←響きが気に入った。

ノアさんとご挨拶。猫同士が散歩で出会うというのは、かなり珍しい。

ちなみに猫散歩はやはり難しく、すぐに藪に逃げ込んでしまうそうです。わかるよポロション、、。

よし、ノア、ポロションに散歩の先輩としてできるところを見せつけるんだ。今こそトレーニングの成果を!!

「じゃ、藪行きますね」

ええーー、なんでやねん。猫たちをもれなく引き寄せるベルネーの藪でした。

次回も引き続き猫旅、ベルネー近辺の猫OKシャンブルドット(民宿)からお届けします。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。