【特集】PEGION

「こんなニットがあったら私が着たい」と思わせるドッグアパレルブランド「HAINU(ハイヌ)」ほか、世界の上質なペットグッズを取り扱うセレクトショップ「PEGION(ペギオン)」をご紹介します。

 

 

私たちはなぜ犬に服を着せるのでしょうか。
「寒いから」、たしかに。とくに短毛の犬種は寒がりです。
「汚れないように。抜け毛が落ちないように」、それもあります。服を着せていれば掃除も少しラクになります。
「かわいいから」、これまた然り。服を着せた犬は裸のときより表情が豊かに見えるもの。TPOに応じてスタイルを変えるのも楽しいものです。

それにもまして、私が思うのは、犬に服を着せることで、人と犬のコミュニケーションにつながるから、ではないでしょうか。たとえば、散歩の前にコートを着せるとき。愛犬は外にお出かけできるのだとワクワクしてシッポをぶんぶん振るでしょう。

また、カットソーやニットを着た愛犬に「かわいいね」と語りかけると、愛犬はうれしそうにするはず。元来、犬は社会性のある動物だと言われていますが、彼らは私たちの心や気持ちの動きを敏感に察しています。服を着せることで私たちがより愛犬を愛しく思い、犬たちもハッピーになれる……そんなファッションを提案している犬と人のためのセレクトショップが「PEGION」です。

「PEGION」はエッジの効いたデザインで熱狂的なファンの多いファッションブランド「PAMEO POSE(パメオポーズ)」でデザイナーを務めているPELIさんと、パートナーのAYAKOさんが、2019年夏に創設。オリジナルブランドである「HAINU」をはじめ、上質なグッズとサステナビリティの高さで知られるドイツブランド「Cloud7」や、カラフルでエコフレンドリーなスペインブランド「The Painter‘s Wife」などを取り扱っています。

 

「HAINU」とは、不思議なネーミングのようにも思えますが、天使のように羽が生えている犬のイメージから生まれた名前だとか。そもそも「PEGION」というショップの名前も、PELIさんとAYAKOさんふたりの愛犬であるペガサスとオリオンをひとつにした、と聞けば納得。

ふたりの愛犬、ペガサス(左)とオリオン(右)。

「HAINU」の世界はまずカラフル。ラメのニットや、光沢のあるヴェルベットなど他のドッグアパレルではあまり見られない素材も使用し、かわいいだけではない、エッジの効いたデザインが魅力的です。人間の私たちも着たくなるようなモードなコレクションを発表している「HAINU」の2021年春夏コレクションより、とくにおすすめの新作をご紹介しましょう。

 

雨の日も楽しいレインコート

DRAWSTRING RAINCOAT ¥11,500~/HAINU(PEGION)

撥水加工されているものの、やわらかに身体に沿うコットン×ナイロン素材のレインコートはこれからの雨が多い季節に重宝。内側はメッシュ加工で蒸れず、イエロー×グレー、ネイビー×イエロー、カーキ×グリーンの、甘すぎないカラーパレットがいかにも「HAINU」です。裾はドローストリングスでお尻が雨に濡れないようにアジャスト可能。フードを調節できるマウンテンロープもほどよくスポーティでおしゃれです。

 

着心地よいタンクトップ

TANK TOP ¥6,000~/HAINU(PEGION)

薄手のコットン+メッシュ生地を使用することで通気性も高いタンクトップは夏の強い味方。エアコンの効いた室内でも快適に過ごすことができます。裾にはやはり「HAINU」のアイコンディテールでもあるドローストリングス。オレンジがかったブラウンとピンクベージュというニュートラルなカラーがダークグリーンのパイピングで引き締まり、都会的でシックな印象のタンクトップです。

 

So Cool!なクールバンド

COOL BANDANA ¥5,000~/HAINU(PEGION)

ネオンカラーがスポーティなクールバンド。中に冷やしたジェルパッドを入れることで、盛夏の外出やお散歩を涼しく快適に楽しめます。プードルやシュナウザー、ミニチュアピンシャーなど首が長めの犬種にもぴったりと沿う幅の広さが特長。

 

*価格はすべて税抜きです。

PEGION
https://www.pegion.jp/

 


Text by Miyako Akiyama

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。