【特集】WANDAWAY

「愛犬とお散歩をもっと楽しく快適に。」という創設者の想いのもと、オリジナル商品の開発や、お出かけやアウトドアに特化したアイテム販売を行うブランド「WANDAWAY(ワンダウェイ)」。10年以上にわたり愛犬家に支持されてきた魅力を探ります。

 

 

「構想17年」のお散歩ポーチとは?

長く愛されるブランドには、確固たる理由があるものです。2009年の創設以降、デザインペット雑貨ブランドとして着実に歩みを進め、現在もオンラインストアと東京・ヴィーナスフォートにある実店舗の両軸で展開するWANDAWAYもそんなブランドのひとつ。長きにわたって愛犬家に支持されるアイテムを提供してきた理由を、創設者の大石かおりさんに聞きました。

消臭マナーポーチとお散歩バッグがセットになった「お散歩セット」の迷彩バージョン¥6,820

「2008年に始めた飲食業が軌道にのり、新しいことをやろうと考えたとき、中学生の頃、飼っていたチワワのために、『もっとこんな商品があったら…』と頭の中で色々思い描いていたことを思い出しました。たとえば、お散歩の後、そのままカフェでお茶をしても気にならないようなマナーポーチなど、ぼんやりとしたイメージがあったんです。新事業でそれを形にしてみようと思い立ち、畑違いの世界に飛び込みました」(大石さん=以下同)

ものづくりは初めてだった大石さんでしたが、当時もフレンチ・ブルドッグの愛犬との生活を通して、ペットグッズへの想いを深めていました。まずは長年思い描いた理想のマナーポーチを作ろうと、消臭素材を可能な限りいろいろと取り寄せたり、電話帳で協力先となってくれる工場を探したり、できることに片っ端からチャレンジ。

糸自体が消臭仕様となった画期的な素材や、卓越した技術を持った町工場との出会いを経て、2009年にはオリジナルの消臭マナーポーチを完成させたのだそう。それは、大石さんが中学生の時から数えて、構想17年にもなる念願の品でした。

「今振り返ると、こだわりと理想を詰め込みすぎて、工場の方にも無理難題を言ってしまったと思うのですが、妥協しなかったおかげで12年経った今でも人気のロングセラーの商品です。とくに、ポケットティッシュ部分の使いやすさや、パカッと大きく開く設計などが好評で、2代目、3代目とリピートしてくださる飼い主さんもいます。他のも試してみたけれど、これに戻ってくるというお声もうれしいです」

消臭ポーチをリリースしてからまもなく、ペット雑貨の展示会に参加、ヴィーナスフォートへのワゴン形態での出店開始、Eコマース展開など、ひとつひとつ目標を実現していった大石さん。あらためてブランドコンセプトを「楽(らく)で楽(たの)しい」と定め、機能性とデザイン性を両立したペット雑貨を開発してきました。常設店舗をオープン後は、お客様との直接のやり取りの中で吸収した「ユーザー目線」も商品づくりに生かされています。

ひとつひとつにストーリーがあるWANDAWAYのオリジナル商品。とくにオススメの商品をお聞きしました。

 

WANDAWAYの人気アイテム3選

抜毛・防塵・防汚機能がある「つるつるロンパース」を、超撥水のレインウェア仕様にした「つるつるロンパース・レイン(CFLCK)」(Sサイズ¥7,920〜)も登場

「うちのフレンチ・ブルドッグちゃんはアレルギーがあるのか、体をよく掻いてしまっていました。それを保護するためのお洋服で、犬に負担が無いよう動きやすく、通気性があって破けにくい強い素材を使って開発したのがこちら。水着の生地を使っているのでよく伸びます。変わった素材の商品なのでお客様の反応が気になりましたが、夏にプールや川などで着用させるなど、飼い主さんがそれぞれのニーズに合わせて自由に楽しんでくださるという発見がありました」

履き口が大きく広がって足を入れやすい「ドッグブーツ/4P・XS/Sサイズ(レッド)」 ¥6,380

「愛犬が家のフローリングで滑ってしまう、散歩中にアスファルトの熱で足の皮がむけてしまうといったお客様の声を受けて作りました。履かせやすく脱げにくいものを考えたときに、柔らかく伸縮性のあるウェットスーツがぴったりでした。日本製でこの素材、しかも小型犬サイズの商品は珍しくて人気なのですが、信頼している町工場さんにひとつひとつ丁寧に縫製していただいているので大量生産はできません。品質を優先しています」

5Kgまで対応のSサイズと10kgまで対応のMサイズが用意されているスリングキャリー

「開発当初からほとんどつくりを変えていない定番人気の商品です。シンプルな見た目ですが、お出かけに必要なすべてを収納し、ワンちゃんも安心して入れるバッグ作りにこだわりました。うちのワンちゃんは7kgですが、自分の荷物も合わせると愛犬とのお出かけって意外とハードなもの。うちのスタッフは全員女性なのですが、このスリングキャリーを実際に試し、みんなが快適に移動できました。自信を持って提供できるアイテムです」

 

「ブランドを長く続けられるために重要なものは、作り手の熱意」と語ってくれた大石さん。今後も時代の変化を捉えながら、そのとき自分の作りたいものを形にしていくと言います。また、愛犬と一緒に代々木公園でゴミ拾いをするNPOも運営するなど、犬と人との生活を応援する活動に携わる立場として、実店舗では飼い主さんのお悩みに、親身にアドバイスも行なっていきたいとのこと。初めて犬を飼うという飼い主さんにも、ぜひともオススメしたいブランドです。

 

*価格はすべて税込です。

 

WANDAWAY
http://wandaway.shop-pro.jp/

 

cachette有料会員特典

WANDAWAY オンラインショップ送料無料はこちら


Text by Rui Minamoto, Edit by Miyako Akiyama

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。