cachette LIVE! vol.08「イヌなで®~幸せになる犬マッサージ~」配信レポート

なかなか外出できない昨今。
例年に比べておでかけの機会も少なく、リモートワークの導入などで環境が変わり、愛犬もあなたもストレスが溜まっていませんか?

心も身体もふわっとほどける簡単マッサージで、おうちでリラックスしてみませんか。

人も犬も癒される「イヌなで®」のスペシャリストazi(あぢ)さんに出演いただいた2021年1月23日(土)配信のインスタライブ「cachette LIVE! イヌなで®~幸せになる犬マッサージ~」をご紹介します。

MCのcachetteクリエイティブディレクター・秋山都さんと、プロフェッショナル ドッグセラピストのaziさん。aziさんの愛犬のミニチュア・ダックスフンドのゾーイちゃんも出演してくれました。

「イヌなで®」とは、誰でも簡単に、長く続けられるドッグマッサージ。パピーからシニア犬までマッサージすることができます。以前cachetteで「イヌなで®」を特集した記事はこちら(「犬も人も幸せになれる『イヌなで』」)。

「犬にマッサージが必要?」と思う方もいるかもしれません。実は、犬は体の構造上つま先立ちをしているような状態なので、基本的には前傾姿勢。そのうえ、頻繁に大好きな飼い主を見上げているので、肩や首が凝っている子も多いんだとか。「イヌなで®」は、そのコリやハリをケアしてあげることができます。

マッサージときくと治療をイメージするかもしれませんが、「イヌなで®」は医療行為ではなく、あくまでケア。愛犬とのコミュニケーションの一環として、リラクゼーションにも効果があります。毎日愛犬の身体を触っていることで、ちょっとした変化にも気づきやすいというメリットも。

配信では、aziさんが愛犬のゾーイちゃんとともに「イヌなで®」を実践してくれました。

※「イヌなで®」は医療行為ではありません。具合が悪いときは、獣医師の診察を受けましょう。また通院中のワンちゃんは、獣医師の指示をあおいでから「イヌなで®」を行ってください。

毎日「イヌなで®」をしていたおかげで、愛犬の身体にできた「できもの」を早期発見できた、というエピソードも。

 

基本の動作① なでなで

ポイントは、マッサージをする飼い主がリラックスをすること。力を入れずに、ゆっくりと撫でてください。

 

基本の動作② くるくる

筋肉をほぐしてあげる動作です。肩の部分で鶏肉のような弾力(!)の部分を探して、指の腹でゆっくりくるくる小さい円を描きます。自分の瞼をくるくるするときのような優しい力加減が目安です。

 

基本の動作③ ひっぱり

背骨のラインの皮をひっぱることで、ハリがとれます。ゾーイちゃんも気持ち良くてつい白目に。ほかにも、目をゆっくりまばたきする動きも気持ち良く感じている合図なんだとか。

 

配信中には「うちの子も気持ちよさそうにしはじめました!」「なかなか落ち着きません…」など、画面の向こうで一緒に実践しているみなさんからのコメントがたくさん寄せられました。

さらに応用編として、唾液が良く出るツボも教えてもらいました。歯磨きが苦手な子は必見です!

 

ライブが盛り上がるにつれて、視聴者のみなさまからリアルタイムでたくさんの質問をいただきました。質問いただいたみなさま、ありがとうございました。気になる回答は是非アーカイブ動画をご覧ください。

肉球の下にある「湧泉」というツボを押してもらって、うっとり顔のゾーイちゃん。

配信を見逃してしまった、もう一度観たいという方は、YouTubeでもアーカイブ動画をご覧いただけます。
是非アーカイブ動画を観ながら、愛犬と一緒にトライしてみてくださいね。

 

書籍『イヌなで: aziさんの幸せになる犬マッサージ』でも「イヌなで®」の方法が詳しく載っているほか、aziさんのYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/aziaqua1017)でも紹介されています。こちらも是非チェックしてみてください。

 

cachetteでは今後もインスタライブをはじめ、様々な企画を行っていきます。
公式LINE@では、そういった情報もいち早くお届けしていますので、お友だち登録してみてくださいね。

友だち追加

 

次回のインスタライブもお楽しみに!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。