In Style vol.19 猫のテクノロジー「CaTech」

私たちの生活にテクノロジーは欠かせません。ファイナンスとテクノロジーで「フィンテック」、女性の健康課題を解決するのは、フェミニンとテクノロジーで「フェムテック」。では猫の生活をよりよくしてくれるのは? キャットとテクノロジーで「CaTech(キャッテック)」でしょうか⁉ ペットの世界で進化めざましいテクノロジーグッズに注目しました。

 

 

vol.19 猫のテクノロジー「CaTech」

 

Catlog(キャトログ)本体価格 ¥10,780~/RABO, Inc.

猫の行動を24時間見守ることのできる首輪型デバイス「Catlog(キャトログ)」。首輪型のデバイスを装着することで、食事・水飲み・運動・睡眠・毛づくろいなどの行動を記録し、愛猫がいま何をしているのか、専用のアプリでチェック可能。2021年夏頃には同社製品の第2弾となる「Catlog Board(キャトログボード)」の一般販売開始を予定しており、愛猫が普段使っているトイレの下にボード型デバイスを設置することで、体重や排泄情報を記録して、泌尿器系のトラブルを検知したらお知らせしてくれることもできるようになるとか。

左から、SMART LAZER PET TOY P08 ¥4,950、SMART PET TOY P06 ¥2,750/ともにBENTOPAL(GMPインターナショナル)

ひらひら、ふわふわ、ちらちら……動くモノに惹きつけられる猫の習性を活かし、オートで猫を楽しく遊ばせてくれる電動おもちゃの「BENTOPAL(ベントパル)」コレクション。レーザーポインタで猫を飽きさせない「P08」は付属の吸盤と取り付け金具で壁や窓にも設置可能。揺れる羽と鈴の音が愛らしい「P06」はUSBケーブルによる充電で、持ち運びも簡単。

スマート・キャリア・ブリージー・ホワイト¥19,800/PETKIT(ダッドウェイ)

ペットと飼い主の健康的で豊かな日々のために、最新のテクノロジーを活用し、スマートなデザインと機能性にこだわるブランド「PETKIT」のペット用キャリア。温度に応じて自動送風・風速調節ができるから、長時間の移動や乗り物の中でも安心。内蔵のライトで暗い場所でも愛犬・愛猫の様子を確認できます。耐荷量は8㎏で、本体重量は1.4kg。

スケール・フィーディングボウル(ホワイト) ¥4,620/PETKIT(ダッドウェイ)

愛猫の健康状態を管理する際、給餌量を把握することはとても大切。「スケール・フィーディングボウル」は計量カップやスケールを用意する必要がなく、フードをボウルに入れるだけで給餌量を確認して与えることができます。バッテリーボックスはしっかり密閉されているので、このまま水洗いもOK。サイズはW18×D18×H7cm。使用電池:単四×2。

ROOM ¥32,000(2021年5月時点での予定価格)/petyes(マーフィード)

家電からペットと人の未来を考えるブランド「petyes(ペティエス)」が発表した、ペット用床冷暖房付きのルーム。15℃~35℃まで温度設定ができるから、季節を問わず快適な温度で過ごせるほか、5種類の自然の音(ヒーリング音楽)が流れる音楽機能が搭載されているという、なんとも贅沢なリラックス空間。洗濯可能な夏用、冬用2種類のマット付き。

猫じゃらシッター ¥3,618/猫の友社

「次はどこから出てくるの?」。側面からランダムに飛び出す羽(じゃらし)に猫が夢中になるという「猫じゃらシッター」は、あのもぐらたたきのような楽しさ。自動で昼夜を判別するスマートモードを搭載しているから、長時間の留守中も安心。これで運動不足やストレス解消できそう。17.3(直径)×7.5㎝(高さ)というコンパクトなサイズも魅力。]

 

*価格はすべて税込です。

 

問い合わせ

RABO, Inc.
contact@rabo.cat
https://rabo.cat/

GMPインターナショナル
☎0120-98-1511
https://www.airbuggy.com/

ダッドウェイ
☎0120-880188
https://dadway-petdepartment.com/

マーフィード
☎0120-56-1122
info@petyes.jp
https://petyes.jp/

猫の友社
☎06-6282-7126
info@nekonotomosya.com
https://nekonotomosya.com/


Photos by Yoshiaki Tsutsui, Styling by Makiko Okamoto,
Models by ケンゾー(キジトラ) and ししまる(ミヌエット)
Text and Edit by Miyako Akiyama,
Special Thanks to AWABEES and TITLES

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。