【特集】ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(JAPAN C.R.C.)

ひとり旅もいいけれど、気のおけない同伴者がいると、喜びを共有する楽しみが生まれるのが旅。大好きな愛犬も一緒に行けたら言うことはありません。今回は、そんな飼い主の気持ちに寄り添って、「犬連れ旅」を提案している「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター」をご紹介します。

 

 

近年のアウトドアブームに加え、新型コロナウイルス感染症の拡大以降も、三密を避ける新しい行動様式のなかで、さらに注目度が高まるキャンピングカー。2016年の創業以来、業界の先駆けとしてキャンピングカーレンタル事業を行ってきたのが「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター」です。

現在、北海道から沖縄まで全国各地に約30箇所の拠点と約100台の車両持つ同社ですが、ほぼすべてのキャンピングカーで犬も同乗できる体制をとっているのも大きな特色。今回は、キャンピングカーの魅力や愛犬と一緒に旅する楽しさなどを、同社の岩坂佑也さんに教えていただきました。

 

自由気まま旅を、愛犬と共有する喜び

「キャンピングカーの最大の魅力は、『行きたい場所に行ける』こと。移動中に素敵な場所を見つけたら寄り道するなどの自由気ままな旅ができます。弊社のキャンピングカーの約7割は『キャブコン』というタイプですが、過剰になりがちな収納を減らし、広々とした居住空間を確保したものです。長期間使用するのではなく、レジャーなどで短期間利用するのにオススメな車両。就寝もしやすく、大人も7名乗車できる設計です」(以下、カッコ内は岩坂さん)

人気のキャブコンタイプ。立って歩ける広い空間、広いテーブルなど、過ごしやすいよう様々な工夫がされているのが特徴です。

24時間単位でキャンピングカーを気軽にレンタルできるという同社のサービスは、最初は都市部のアーリーアダプター層から火がつき、次第に全国のファミリー層に利用が拡大。そんななか増えてきたのは、「愛犬と一緒に旅できるのがうれしい」という利用者の声でした。

「わんちゃんと一緒に旅をする場合、移動手段や専用のホテルを見つけるのに苦労することがありますよね。その点、ペットも同乗できるキャンピングカーであれば、縛りが少なくいろんな場所に一緒に連れて行きやすいのがメリット。最近はドッグランが併設されているキャンプ場も増えていますから、お出かけ先でもわんちゃんと共に楽しむこともできます」

お出かけ先でも、場所次第でゆっくりくつろげるのがキャンピングカーの魅力。駐車可が認められたところでは車中泊も可能です。

 

天体観測や流しそうめんも! 愛犬と非日常を楽しむ

同社では現在、5組に1組が「犬連れ旅」のお客様とのこと。過去には、飼い主ひとりと、6頭の愛犬たちが一緒に利用したケースもあったとか! これも広々とした室内で、そのまま就寝も可能なキャンピングカーだからこそできた旅なのかもしれません。ほかには、どんな犬連れ旅の楽しみ方があるのでしょうか?

「Wi-Fiルーターやシュラフ(寝袋)などをオプションでレンタルしていますが、なかにはアウトドアブランド『Snow Peak』などの愛犬と一緒にキャンプを楽しむためのアイテムも用意しています。また、天体望遠鏡や流しそうめんセットなどのレジャーアイテムもありますから、愛犬とともにさまざまな思い出を共有することができます」

レンタル可能なアイテムの一例。「フルリクライニングチェア」などの定番キャンプアイテムから、「お手軽麻雀セット」などの変わり種まで多彩に用意。

美しい星々を鑑賞しながら、傍らには愛犬がいるなんて、なんて素敵なシチュエーション! ぜひ利用してみたいものですが、キャンピングカー初心者でも大丈夫なのでしょうか? たとえば、冬でも快適に過ごせるものなでしょうか?

「弊社で所有している車両は、普通運転免許があれば運転が可能です。レンタル用キャンピングカーとして、どなたが利用しても使いやすい環境に整えているので、初めての方にも使いやすいかと。エンジンを止めても使えるFFヒーターが標準装備されているので寒い夜も温かく過ごせます。以前、10月の北海道をキャンピングカーで旅したことがあるのですが、無理なく休むことができました」

広々とした室内空間でペットもストレスフリー。過去には、猫の利用もあったそう

 

テレワーク対応型も登場、「ワンピングカー」の新構想も

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、テレワーク完全対応型のキャンピングカーのレンタルも開始した同社。新しい旅の新様式として、キャンピングカーの購入を検討する方が、事前にお試しとして利用するケースも増えてきたといいます。

「今後は、わんちゃん用のリードがつけられるフックの装備などを施した、犬連れ旅のための『ワンピングカー』をつくる構想があります。さらに、全国の拠点も60箇所に増やし、どこでも乗り捨てできるよう、できる限り統一した規格のキャンピングカーを用意するなどして、さらにご利用しやすいサービスを目指します」

テレワーク対応型のキャンピングカーの利用イメージ

在宅テレワークの代わりにキャンピングカーでのワーケーションや、愛犬を連れての日本縦断の旅など、想像がふくらむ同社のサービス。今後も要注目です。

 

 

ジャパンキャンピングカーレンタルセンター
https://japan-crc.com/

 

cachette有料会員特典

JAPANC.R.C. キャンピングカーレンタル ペット同乗割増料金無料はこちら


Text by Rui Minamoto, Edit by Miyako Akiyama

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。