まだ小さな悪魔、スキとセーヌ川沿いをお散歩へ

こんにちは、鉄のオリから飼い主の耳たぶまで、何でもとりあえずかじらなくてはいられない小さな悪魔、スキッパーキのスキです。

現在はその昔、飼い主が伏見稲荷で見つけた鳥居チャームを鋭意かじっております。やめて。

体高、体長がほぼ同じなスキッパーキ。スキは今のところそれぞれが20cmくらいです。そのまま止まってもいいんだよ。

「ふっ、、我の闇の力はこの小さな器にはおさまらんぞ」

はいはい、ちなみに小さくても大型犬に一歩も引かないのがスキッパーキの特徴。覚悟しておきます、、。

さて、まだ狂犬病ワクチンを済ませていないスキ(生後三ヶ月以降に打つことになっています)。今日はカバンに入ったままで、ご近所散歩です。

ウチから坂を降りるとすぐに、セーヌ川沿いの散歩道になっています。対岸はモネの庭があるジヴェルニー。

スキさん、少しずつ外の環境にも慣れないとな。

「うむ、解せぬ」

ですよね。

川沿いをしばらく歩きます。

「む、あれはなんだベリアル」

誰がベリアルじゃ。勝手に悪魔の仲間名をつけないように。

あれは「ペニッシュ」と呼ばれる船上生活のための船だよ。

「うむ、あっちの禍々しい白い花はなんだ」

禍々しくない、かわいいサクラという花です。

「ふむ。で、我のデビルオヤツ(とりにく)はどこだ?」

あ、持ってきてません、、

「デビルオヤツ(とりにく)を持ってきてない、、だと、、」

「じーごーくへおー、、」

だまらっしゃい。小さいけれどマズル(口のまわりから鼻先にかけての部分)は意外に長く、このワニのような口で噛まれると結構痛いんです。さすが黒い悪魔。

とはいえ、外の世界では緊張しているのか、まだまだおとなしいスキ。しばらくは籠散歩です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。