愛犬と一緒に「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」ステイ

絶妙に“今”の気分を取り入れているファッションイラストが大人気のイラストレーター進藤やす子さんが、愛犬ふうこ(フレンチ・ブルドッグ)と山梨のリゾートへ。両親と一緒にリラックス……するはずが、何故か疲れたみたい??
※こちらの記事は緊急事態宣言前に執筆されたものです。

 

 

「リゾナーレ八ヶ岳」と聞いて、皆さんが抱くイメージは”ファミリーリゾート”? それとも”ワインリゾート”でしょうか? どちらも正解ですが、実は”愛犬も大切なゲスト”と考えてくれるドッグフレンドリーなホテルでもあるんです。ということで、両親(70代前半)、愛犬のふうこ(以下ふうちゃん)と「リゾナーレ八ヶ岳」へワンコ旅に行ってまいりました!

みんなでお出かけ嬉しいな♪ってお顔のふうちゃん。

「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」は世界的な建築家マリオ・ベリーニが手がけたデザイナーズホテルの先駆的存在で、さながらホテル全体がイタリアの山岳都市を思わせる街並みのよう。

「リゾナーレ八ヶ岳」の象徴的な建物ベリーニタワー。3〜4月はロゼ、10月はハロウィンと季節ごとに変わるデコレ―ションが楽しい。

チェックインを済ませ、すぐさまこのベリーニタワーのあるメインストリート「ピーマン通り」へ! 何故ならば、あろうことかふうちゃんのハーネスとリードを(父が)車に積み忘れるというケアレスミスが発覚!でも無問題。「ピーマン通り」にはこだわりのペットグッズを取り扱う「paw’s living」があるんです。さすがドッグフレンドリーなリゾートホテル❤︎

 「paw’s living」店内でフレブルちゃんのオブジェにご挨拶。

おしゃれなハーネスとリードを父の支払いで(笑)ゲットし、いざ客室へ。宿泊するのは2020年4月にリニューアルした「レジデンスペットテラス付」。定員は1室4名、犬は2頭まで。70㎡の広々としたお部屋で快適〜!

日本有数のワイン産地に位置することから、インテリアもワインリゾートを感じさせるボルドーカラー。室内のファブリックは防水加工されているので、もしもの粗相にも心強い。壁面には八ヶ岳連峰が描かれ、山々の名称や標高も記されています。

もちろんワンちゃん関連のトイレ、シート、フードボウル、洗剤などもちゃ〜んと常備!私たちはクルマだったのでワンちゃんグッズも持って行きましたが、これなら電車の方も身軽に伺えて安心ですね!

木製の蓋のケースの中にはウェットティッシュが。なんでも揃っていてありがたい。

お部屋でくつろいだら、メイン棟の1FにあるBOOKS&CAFEへ。こちらは17時以降ワンちゃんも入店が可能。こんな素敵なブックカフェでワンちゃんと過ごせるのはうれしい限り。

ふうちゃんはお耳が聴こえないので、初めての場所では抱っこするようにしてますが(そのほうが本犬が安心そうなので)リードをしていればウロウロしても大丈夫。

そうこうするうちに夕食の時間になり、同じく1Fにある八ヶ岳ワインハウスで「VINO BOX」(2800円)を購入して客室へ。

「VINO BOX」は2段重ねの木箱で、下段にはワインを2種、上段にはナッツやチーズなどワインのお供が4種。この持ち運びしやすい仕様のBOXも、客室のステム(脚)のないタンブラー型の倒れにくいワイングラスもオリジナル。

「リゾナーレ八ヶ岳」は、食事を楽しみたいけれど愛犬とも一緒に過ごしたい、そんなニーズに応えて、ホテル内のふたつのレストランでワンちゃん連れで食事が可能!

メインダイニング「OTTO SETTE」は、プライベートルームへワンちゃんを連れて入ることができ、イタリア料理のコースとワインもマリアージュが楽しめるので記念日などに最適です。

以前宿泊した際こちらでいただいた料理がとても美味しかったので惹かれつつも、両親が部屋でゆっくりしたいという要望だったのと、ふうちゃんがコース料理をいただく2時間おとなしくしていられるか不安だったので、ピーマン通りにあるいくつかのレストランからテイクアウトして‟部屋食”に。客室には大きめのダイニングテーブルもあるので、ダラダラ食べ続けるのに最適だしね(笑)!

野菜とジビエが味わえるレストラン「べジビエ」ではワンちゃんのための「ワンバーグ」なるものもあるそう! 残念ながら我が家のふうちゃんは尿路結石の治療中なので、自宅から持ってきたおきまりのフードをガツガツ。

父は食後早々に就寝、夜型の母と私がダラダラと飲んだりしている間もそばにいたいふうちゃんのためにテーブルの下にビーズクッションを置いたら……そこでスヤァと眠ってました。

そして翌日、さわやかに迎えた朝はピーマン通りや周辺をお散歩。客室にはテラスが付いているので小型犬やお散歩嫌いなワンちゃんはここでちょこちょこ運動するのもいいかも。

柵で囲われたテラスなので安心安全。

朝食はみんな(もちろんふうちゃんも)でビュッフェ&グリルレストラン「YYgrill」へ。
店内奥にワンちゃんOKの席があり、そこで両親をふうちゃんを待たせてせっせと私がビュッフェを行き来したので忙しく、すっかり写真を撮りそびれました。和&洋、メニューが豊富で美味しかったです。

夕食もそうですが、いくつかのレストランから全部私がテイクアウトしてセッティングしたりと、のんびりを決め込む両親のお世話に疲れ、運転手として父に出動してもらったものの、次回は電車でふうちゃんと私のふたりでワンコ旅をしようと思った次第(笑)。

 

今回は主に客室でくつろぐ旅になりましたが、「リゾナーレ八ヶ岳」には人間だけでなくワンちゃんも一緒に体験できるプランもあるそう。夏にはカヤックに乗って水辺の涼を体験したり、冬にはスノーアクティビティを楽しめるとのことなので、体を動かしたい派も満足できるはず!

なお4月16日〜5月16日は「回廊の花咲くリゾナーレ2021」が開催中。全長150m続くメインストリートの「ピーマン通り」に高さ1.5m〜2mのビッグフラワーが100本も並び、また4月29日〜5月5日には日本屈指の産地から届くチューリップやガーベラが絨毯のように敷き詰められ回廊を彩るそう。しかも今年は新たに「愛犬用フォトブース」が誕生! 愛犬に花冠をつけて撮影ができます。

「春のフォトわんこ旅プラン」もあるので詳しくはHPをチェックしてみてくださいね!

また、5月10日からは「八ヶ岳ペット旅」がますますパワーアップ! 「OTTO SETTE」「YYgrill」ともに愛犬用のメニューがスタートし、レストランで愛犬と一緒に食事が楽しめるようになります。

愛犬と「リゾナーレ 八ヶ岳」で華やかな春を感じてみてはいかがでしょうか。

 

ハイブランドとファストをミックスして、、適度に力のぬけた進藤さんのコーディネイト。さすがです!

 

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
https://risonare.com/yatsugatake/

 

※4月25日より4都府県に緊急事態宣言が発令されています。感染対策を徹底し、安全にお楽しみください。


Text, Photos and Illustrations by Yasuko Shindo

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。