cachette LIVE! vol.09「教えて!愛犬・愛猫の幸せごはん」配信レポート

毎日食べるごはん。
健康に大切なのはわかっているし、気になるけれど、なかなかプロに相談する機会はないのでは?

「質のいい」ごはんとはどういうもの?
手作り食に挑戦したいけれど、栄養が偏りそうでハードルが高い…

実は、他の人も同じお悩みを持っているかもしれません。

cachetteのコントリビューターであり、獣医師・ペット栄養管理士の岩切裕布先生に、愛犬・愛猫のごはんについての気になることをお答えいただいた2021年3月27日(土)配信のインスタライブ「cachette LIVE! 教えて!愛犬・愛猫の幸せごはん」をご紹介します。

コントリビューターとしてもお馴染みの岩切裕布先生(左)と、MCのcachetteクリエイティブディレクター、秋山都さん(右)。

岩切先生のコラムでもお馴染み、柴犬の空ちゃんもゲスト出演してくれました。

岩切先生には、cachetteのインスタライブ第一弾「愛犬のごはん」というテーマで、愛犬に必要なカロリーの計算方法や、手作り食におすすめの食材などをご紹介していただきました(以前のインスタライブはこちら)。

今回は犬に加えて、猫の飼い主さんにもInstagramで質問を募集したところ、たくさんのご質問をいただきました。質問をいただいたみなさま、ありがとうございます!
犬猫問わず、やはり今人気の手作り食についての質問が多く寄せられました。

まずは、愛犬・愛猫の日々のごはんの基本から。

人間とは異なり、犬猫は日々の一食一食を栄養価が整ったものにすることで、健康を維持するという暮らしをしているんだそう。
そのため、犬なら37項目、猫なら42項目の栄養基準を満たした「総合栄養食」はとても重要なごはんなんです。

一方で、手作り食は栄養基準を満たすことがなかなか難しく、総合栄養食の基準に沿った手作り食レシピはほぼ存在しないのが現実なんだとか…。

愛犬・愛猫に良かれと思って作ったごはんより、市販のフードの方が愛犬・愛猫のためになっているのはショック…。

とはいえ、手作り食には良い面もたくさんあります。
手作り食は香りも良く、食材一つ一つの匂いを喜んで嗅いだり、嬉しそうにする子も多くいます。そんな愛犬・愛猫の姿を見るのは飼い主としても嬉しいもの。
さらに、食材や調味料、調理工程がわかっているので安心です。

栄養価さえきちんと計算されているものであれば、愛犬・愛猫への愛情表現やコミュニケーションの一つとして、手作り食もぜひ取り入れたいものです。

一日の多くの時間をおうちで過ごす愛犬・愛猫にとって、ごはんの時間は毎日楽しみにしている子が多いイベント。
愛犬・愛猫や飼い主のライフスタイルに合わせて、市販フードと手作り食を上手く取り入れながら「食」を楽しみましょう!

基本がわかったところで、ここからは、事前にInstagramで募集した質問や、ライブ中にコメントしていただいた質問にお答えしていきます。
たくさんの質問をいただきましたが、時間の都合で10数個ほどを抜粋してお答えしました。気になる回答は是非アーカイブ動画をご覧ください。





配信を見逃してしまった、もう一度観たいという方は、YouTubeでもアーカイブ動画をご覧いただけます。
是非アーカイブ動画を観ながら、愛犬・愛猫と「食」を楽しんでくださいね。

 

実際に手作り食を楽しんでいる空ちゃんとの日常を連載している岩切先生のコラムは毎週火曜日更新です。手作り食に興味はあるけど…という方も、まずは空ちゃんの日常を覗いてみては?
手作り食のレシピ作成については、cachetteオフィシャルブランドであり、岩切先生が代表をつとめる「DC one dish」を是非チェックしてみてください。

 

cachetteでは今後もインスタライブをはじめ、様々な企画を行っていきます。
公式LINE@では、そういった情報もいち早くお届けしていますので、お友だち登録してみてくださいね。

友だち追加

 

次回のインスタライブもお楽しみに!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。