【特集】ジャーマンペット

ドイツ発のペットブランドから、選りすぐったペット用品を輸入販売する「ジャーマンペット」。日本のペットと飼い主を取り巻く、時代や環境の変化に合わせたセレクトに信頼を置くファンが多数という、人気の秘密に迫ります。

 

 

名前にジャーマン=ドイツと冠した「ジャーマンペット」は、その名のとおり、ドイツ発のペットブランドの製品を日本へ輸入。現在は、ペットに対して高い意識を持つドイツの飼い主たちに広く認められた、4ブランドを厳選し、ペットのための衣・食・住を網羅したラインナップを販売しています。なぜドイツなのか? その理由を、ブランドのおすすめアイテムとともに「ジャーマンペット」の我妻ちひろさんに聞きました。

 

「ドイツは、ペット先進国と言われる欧米の中でも、とくにペットにやさしい国です。昨今では日本でもやっと動物福祉の観点から、ペット問題が社会問題としてニュースなどで取り上げられるようにもなりましたが、ドイツは世界ではじめて、憲法として動物愛護法を取り入れた国。“動物の目線からみた動物の権利”が認められています。ですからペットは家族の一員であり、家庭でも、公共の場でも、人と共存してのびのびと暮らしています。『ジャーマンペット』は、そういったドイツの先進的なペット事情や、人とペットとの良好な関係性を、ドイツの商品を通して日本の飼い主さんに伝えていきたいと考えています。約20年前となる創業時から、その思いは変わっていません」(我妻さん=以下同)

なかでも、創業当初から主力ブランドになっている「ハンター」は、は犬具から馬具製品まで手がける、革製品を得意とするブランド。「ジャーマンペット」を語る上では外せないブランドです。

「ハンターは、レザーのハーネスやリードといった犬用品が有名ですが、その作りにおいて、“Made in germany”に恥じない高い品質と信念が素晴らしいブランド。出来上がるまでの工程も細やかで、つねに犬への安全性、飼い主さんが快適に使える機能性が考慮されています。代表的なものに、エルクレザー(=ヘラジカの革)を用いた“エルク”シリーズがありますが、他の革に比べて、とにかくやわらかいので、つけた瞬間から犬の体に馴染みます。すなわち、すれにくいので毛切れをしない、犬の体に負担が少ない。とくにイタリアン・グレーハウンドのように、骨格が細く、皮膚も繊細な犬種の飼い主さんには大好評で、リピーターがとても多いシリーズです」

貴重なヘラジカの革を用いたシリーズ、エルク。なかでもシンプルなデザインのハーネスは、スワロフスキーのアクセントが輝くスタイリッシュなデザインと大人気。写真のチリ(赤)のほか、コニャック(茶)、ブラック(黒)の3色展開。
(上)ハーネス ラクサス ¥10,450〜 (下)ソフトリード ¥13,200〜

「私たちのセレクト基準は、日本のペットの飼育環境に適したもの。本国ドイツのハンターのラインナップには、より装飾性の高いものや、大型犬向きのハードなデザインのものなどもたくさんあるのですが、『ジャーマンペット』で扱うものは、日本の住宅事情や、日本人の好みを考えて選んでいます。とくに近年は、使いやすさや手入れのしやすさなどの観点から、レザー製品だけでなく、ナイロン素材の製品が増えています。濡らすとクーリング効果を得られる“ヒロ”、ウエットスーツに用いられるネオプレン素材を用いた“コンビニエンス”。いずれのシリーズとも水に濡れてもOKで、速乾性があって手入れがラク。これからの季節、アウトドアで遊んだり、水遊びが好きな犬たちにはもってこいのシリーズです。オンラインストアでも反響が高いですね」

軽量でしなやかなポリエステル製3Dメッシュ素材でできたハーネス、ヒロコンフォート。パイピングに反射素材を使用しているため、夏の夜の散歩など、暗い場所での視認性を高めてくれる機能性も魅力。全7色のカラーバリエーションも必見。ヒロ コンフォート¥4,180

外側は手入れの簡単な強化プラスチック、裏は肌にやさしいのネオプレン素材。雨の日の散歩から水遊びまで、オールラウンドに使える速乾性の高い“コンビニエンス”のカラー。パステル調の色展開が新鮮。コンビニエンス コンフォート カラー 各¥3,850〜

また、今年の新作には、ハンターの新たな一面が垣間見える“エイビー”シリーズがラインナップ。

「“エイビー”は、アクセサリーから食器、ベッドまで、犬の暮らしまわりをコーディネートできる新作のシリーズです。ハンターらしい高級感はそのままに、モダンで洗練されたデザイン、シックなカラー展開と、見た目にもおしゃれ。これまでのハンターファンのお客様にもとても評判が良いと同時に、若いお客様が、SNSで見つけて購入くださるケースが増えました。また、このシリーズは、一部に再生素材を用いるなど、地球環境へ配慮した製品づくりがなされたシリーズ。いま世界で注目を集める“SDGs=持続可能な開発目標”をハンター社も推進していて、今後こういった商品は増えていくでしょう。『ジャーマンペット』でも、積極的に紹介していきたいと考えています」

水でさっと拭き取るだけで汚れが落とせ、洗剤での洗濯回数を軽減できるドッグソファ、100%リサイクル素材で作られたドッグトイなど、環境に配慮した素材を一部製品に使用した話題のシリーズ、エイビー。左からドッグソファ各¥19,800〜、ドッグトイ各 ¥2,860〜、セラミックボウル ¥4,180〜、ボウルパッド ¥3,080〜、トレーニングカラー ¥4,290〜

また、「ハンター」と並び、ジャーマンペットの看板ブランドでもあるのが、ペットの“食”にこだわりのある飼い主に支持されている、フードブランドの「アニモンダ」。

「『アニモンダ』は、ドイツきっての食肉加工メーカーが親会社となっているペット専門フードブランド。ですから、原材料には人間の食用にも適した、厳選した食材を使用し、本当のヒューマングレードを誇っています。専属の獣医師によって考案されたレシピによって作られているので、一般食だけでなく、療法食のシリーズにも定評があります。療法食は美味しくないから食べてくれない、という飼い主さんが多いと思いますが、『アニモンダ』のフードは味がよく、食いつきが違うとよく言われます。”毎日の食事を美味しく、楽しく、健康に”というコンセプトが、まさにドイツらしい。ペットも飼い主同様に、美味しい食事を楽しめるグルメなフードです」

厳しい安全基準により、健康に問題ない動物の肉および内蔵のみを使用した「アニモンダ」のフードは、ウエットタイプが主流。爪や皮、くちばしなどの副産物はもちろん、大豆、人口着色料、香料、防腐剤、中国産材料は一切不使用。犬用、猫用ともに、ジュニア、アダルト、シニア用、療法食までバリエーションも豊富にそろう。左/アニモンダ シリーズ(犬用)各種¥368〜、右/アニモンダ インテグラプロテクト(療法食) 腎臓ケアシリーズ 各種¥421~

そのほかにも現在は、オリンピック選手も愛用するサプリメント会社が開発したペット用サプリ『ペトジェン』、1821年創業の老舗刃物メーカーが手がけるペットのためのお手入れ製品『アルコソ』を同時にラインナップ。日本のペット文化を変える一端を担う、ドイツ生まれのラインナップはいずれも、愛犬、愛猫に深い愛情を寄せる日本の飼い主におすすめしたいものばかりです。

 

*価格はすべて税込です。

 

ジャーマンペット
https://www.germanpet.com

 

cachette有料会員特典

オンラインショップ500円OFFクーポンはこちら
直営店ご購入でHUNTER社製オリジナルグッズプレゼントはこちら


Text by Namiko Yamada, Edit by Miyako Akiyama

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。