グランピングデビューを飾りました!

「グランピングに行かない? 犬も泊まれるテントを予約したから、ケリーちゃんも連れておいでよ」

古くからの友人に声をかけてもらい、ケリーを連れて、2021年4月に、千葉・稲⽑海浜公園内にオープンした、グランピング施設「スモール プラネット キャンプ&グリル(small planet CAMP & GRILL)」に、いそいそと出かけていきました。

稲毛海岸までは都内から1時間足らず。公園の自然豊かな環境を生かしたランドスケープの中には、デンマーク発のアウトドア用品ブランド「ノルディスク」製のテントが8棟、用意されています。そのうち1棟が、「離れ」になっていて、このテントだけは、愛犬との滞在が可能なのです。その名も「フォレストグランピング」。木立に囲まれた、森のような空間です。


木立だけでなく、柵にも囲まれている「フォレストグランピング」のエリア内では、犬を放すことも可能。そうです、専用のドッグランの様相です。これは、楽しいはず! が、臆病なケリーさんは、喜び勇んで駆け回ることはありません。「え、いきなりリード外されても」「本当に好きに遊んでいいの?」と、しばらくは私の後をついてまわっていました(笑)。


さて、テントの中ですが、こちらもおしゃれ。今どきのキャンプということで、いずれのテントも冷暖房&プロジェクター付き。白とウッドを基調としたおしゃれな内装は、ライフスタイリストの大田由香梨さんのクリエイティブディレクションによるもので、私の部屋よりもだいぶ洗練されています(あ、そもそも比較するのが間違ってますね)。そして、今回は犬同伴ということで、大きなケージも用意されていました(テント内ではケージに入れておきます)。

案内してくれたスタッフに、「今回、犬同伴なのでケージを用意してくださったんですよね~?」と聞いてみたところ、「犬同伴でない方の場合はケージは(部屋に)入れていませんが、こちらのテントにお泊りになる方は、ほとんどの方が犬を連れていらっしゃいます」とのこと。そうなんだ! 犬withグランピング、思った以上に需要があるようです。

食事は地産地消ならぬ、千葉の「千産千消」がテーマ。地元・千葉の採れたての食材を使った、施設専属のフレンチシェフ監修のバーベキューが楽しめます。グランピングとはいえ、自分で焼くわけですが(バーベキューですものね)、写真付きの調理マニュアルも用意されているので、バーベキュー初心者の私も安心です。

楽しみながらも必死で野菜や肉を焼いている私の周りを、ケリーはちょこまか。味をつけていない野菜や鶏肉をおすそ分けしてあげました。そら豆に異様に食いついたのは新たな発見! うん、ママもそら豆は大好きよ。

いつもよりだいぶ早く起きた翌朝は公園内をお散歩。森に囲まれているのでつい忘れがちですが、海もすぐそば。お散歩しがいがあります。

日常の延長の非日常を満喫できる、近場でのグランピング。ワンコとともに、存分に楽しみ、リフレッシュできました! 犬withグランピング、ちょっとクセになりそうです。

スモール プラネット キャンプ&グリル
https://sunsetbeachpark.jp/smallplanet/

 

※本取材は感染対策を徹底した上で実施いたしました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。