表参道のギャラリーで看板犬としてオモテナシ

こんにちは、タンタンです。
表参道のギャラリーで看板犬として皆様をオモテナシしております。

というのも、POLYPHONIC COLORSという展示会が開催されていたからなのですが。
これは、タンタンがいつもお泊まりに行っているじいじこと、フォトグラファーの近藤正一さんがお仲間と、それぞれの写真を一枚にコラージュして作り上げた作品を集めて展示会を開催されたのです。お仲間と言っても、そんじょそこらの方ではございません。
コスメやジュエリー、時計などの広告や雑誌などではクレジットをご覧になったことがある方も多いはず。業界大御所のフォトグラファーである戸田義昭さん、中川十内さん、池田保さんと、豪華なキャストです。

多くの作品が並ぶなか、見るからにコーギーが!!
タンタンがベレー帽を被った写真をベースに4人の写真がコラージュされた作品を発見です。
さらに、ベージュに線がさっと引かれたシンプルな作品。これ、右上の丸がタンタンの目。
右下にお鼻があるのです。
2点もタンタンモチーフの作品がありました!

じいじこと、近藤さんもタンタンに作品解説中です。
フムフム、とそれらしく大人しく聞き入るタンタン。
結局、どちらも欲しいと興味津々のタンタンだったので、二作とも、オーダーです。
おうちに来たら、どこに飾るか、考えねばなりません!

途中飽きちゃって、お外を覗いたら、すでにお外で一服していた十内さんが写真をパチリ。
撮ってくれました。

ギャラリー鑑賞の後はちょっとお茶でもしたいね、と近所のカフェを探しましたが。
伺ったのは週末のランチ時。
Cicadaのエリアは、1時間以上待ち!

辿り着いたのはcafé madu。外のテラス席はわんこOK。
タンタンは「私、看板犬です」と言わんばかりに目の前の通行人に笑顔をアピールです。
しおりちゃんとお友達はゆっくりお茶をしながら一息つけました。
ただ、こちらは店内お会計なので、一人で犬連れの時はちょっと不便かなあ、と思ったのでした。
オンラインで検索するとワンコOKと表示されながら、テラスのみOKで、オーダーやお会計は店内で、と言うお店、結構多いのです。みなさんどうしているのでしょうね。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。