【特集】FRAM TID

“Pet With…”をテーマに、メイド・イン・ジャパンにこだわったもの作りを手がけるペットインテリアブランド「FRAM TID(フラムティッド)」。誕生からこの秋で一年。ペット用品ブランドとしてはニューフェイスながら、早くも愛犬家、愛猫家の間でじわじわとその名を浸透させています。

 

 

スウェーデン語で未来を意味するブランド名を冠した「FLAM TID」は、店舗や住居の設計から施工までを自社で一貫して行う、空間設計会社が立ち上げたペットインテリアのブランドです。約3年ほどの準備期間を経て、2020年の秋に本格始動。インテリアのプロ集団だからこその強みを活かし、フルオーダー、セミオーダーに力をいれ、“永く愛せる、妥協のないもの作り”を実践しています。代表の常岡 仁さんにお話を聞きました。

「まだスタートして1年足らずなのですが、お客様のご紹介や口コミ、SNSなどを見たとお問い合わせを続々いただいています。『FRAM TID』のオンラインストアには、既存の商品もアップしていますが、基本は、オーダーを受けてお客様のニーズやご希望を形にする空間設計の仕事と同様のスタンス。ただ商品を作って販売するというブランドではなく、ご要望があれば既存の商品に手を加え、お客様の理想やこだわりを反映したもの作りに重きを置いています」(常岡さん、以下同)。

とくに木工製品に関しては、自社で職人と工房を有しているため、クオリティの高さと納品までの迅速さが、他にない魅力のひとつ。“作る”という職人の技術力はもちろん、「FRAM TID」では、使用する材料にも意識の高いこだわりを持っていて、本来ならペット用品には使用しない高級かつ希少な材料を、あえて使うことも試みているそう。

「たとえば木材。オンラインストアで一番人気の無垢丸太ボウルには、京都産の北山杉を使用しています。室町時代から作られ、珍重されてきた北山杉は、植栽から丸太状に成長するまで、約30年以上の年月がかかるといわれています。さらに、端正込めて育てられた生育中の丸太杉の木肌に、箸状の当て木を巻きつけます。そうすることで“人造紋”という凹凸の木肌模様をつけ、美しく磨きあげたものを無垢丸太ボウルに使用。無造作に室内に置いても絵になる、とお客様に好評なのは、この素材あってのことなんです」

右:こだわりの素材、京都北山杉を用いた無垢丸太ボウル。既存サイズはMとLだが、ペットの種類や体高、要望にあわせて高さをアレンジすることも可能。無垢丸太ボウルM ¥5,500、L ¥8,000。
左:乾燥によるひび割れを防ぐため、あえて背割りという切れ目を入れる土台の丸太。この上部をくり抜き、ボウルを設置して完成。美しい年輪が見えるよう、ボウル部分は透明なガラス製を採用。

「インテリアにこだわりのある飼い主さんには、ウォールナットタイプのプランターハウスも大人気です。上部は大きく、高さのある観葉植物を設置できるよう、最大40kgまでのプランターを置ける設計。下部は隠れ家のようなペットハウスという製品です。ウォールナットそのものも高級ですが、これはリブ材といって、木材を組んで立体感のある仕様に仕上げた、非常に凝った素材を前後左右すべてに使っています。ペットにとっての心地よさを最優先に考えたデザインではありますが、インテリアとして室内に置いた時、飼い主さんにも癒しや上質感を楽しんでもらえるものにしました。どこから見てもグラフィカルなデザインなので、壁につけて配置せず、室内を区切るシェルフのようにいくつも並べて使いたいと、高額にも関わらず複数個をオーダーされたお客様もいました」

犬や猫が安心できる穴蔵をイメージしたハウス。おしゃれでモダンかつシンプルなデザインが、男性にも支持されているとか。上部はプランターだけでなく、ペットのおもちゃやペットシーツを入れて使うのもおすすめ。内部にはカバーを取り外して洗えるマットも装備。プランターハウス ¥230,000

いずれも商品化の際、周囲の職人やスタッフからは「もったいない」「そこまで贅沢な素材にこだわらなくてもよいのでは?」という声もあがったそう。それでも常岡さんが採算度外視のもの作りにこだわる理由は、自身がポメラニアンとチワワの2匹と暮らす、愛犬を想う愛情ゆえだとか。

「『FRAM TID』に興味を持ってくださるお客様は、ペット=家族と考える方がほぼ100%。もはやペットは子供と同じ、いや、それ以上という方もいます。フードボウルひとつとっても、犬には器の価値なんてわからないし、なんでもいいよ、とおっしゃる方がいるかもしれません。でも、愛犬が楽しみにしているごはんの時間を、より豊かにしてあげたい。親バカと言われてもそういう気持ちになってしまうのが飼い主というもの。そういったお客様の気持ちが私自身わかるだけに、他のペットブランドにはないもの、上質感や独創性にこだわったものを提供したいと思った んです」

犬を愛する常岡さん一個人としての想いが、「FRAM TID」のフィロソフィとなっていったことで、共感する愛犬家、愛猫家は次第に「FRAM TID」のファンに。

「ひとつオーダーしたら次はその家具に合わせてこれ、と継続してオーダーしてくださるお客様や、高額だけど自分にも犬にもご褒美として購入します、というお客様の声を聞くと、作り手としては嬉しいですね。価格としては決して手頃ではないけれど、自信を持って言えるのは、うちの製品は長く使えるものであるということ。良質な素材を用いて、熟練した職人が手掛けているのですから丈夫です。長く使えるということは、すなわち愛着が湧くということ。『FRAM TID』の インテリアも、ペットの成長や思い出とともにお客様に育てていただけたらうれしいです」

「オンラインストアに関しては、今後はどんなインテリアに合わせても選べるような、製品のバリエーションを揃えていくつもりです。オーダーをご要望のお客様にはサンプルとして見ていただき、お客様とそのペットの個性やインテリアの趣向に合わせたスタイリングがイメージできるようにしたいですね。ペット用チェストは、お客様のアイデアから商品化したのですが、これからもお客様のご要望が『FRAM TID』のもの作りのヒントになっていくことでしょう」

増えていくウエアを美しくディスプレイしたいというリクエストに応えて商品化したチェスト。クローゼット部分の観音開きの扉窓には強化アクリルを使用。割れてペットがケガをしないよう、安全面にも配慮。ペット用チェスト ¥35,000

年内にはこれらの想いをベースに、商品だけにとどまらず、より深くペットと人の住空間を提案していくペットリフォームプロジェクトを進行中の「FRAM TID」。オーダー対応可能なブランドだからこそ、愛犬家、愛猫家に寄り添うインテリア提案で、ペットとの暮らしをますます豊かにしてくれることでしょう。プロジェクトの全貌が公開される日が、今から楽しみです!

 

*価格はすべて税込です。

 

FRAM TID
https://fram-tid.jp/

 

cachette有料会員特典

FRAM TID オンラインショップ送料無料はこちら
FRAM TID 無垢丸太ボウル(M)または無垢3連プランタープレゼントはこちら


Text by Namiko Yamada, Edit by Miyako Akiyama

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。