オリンピックを感じながら、大切な商売道具を新調

TOKYO2020オリンピック、みなさんお家で楽しまれましたか?
我が家の空はというと…

「がんばれー!にっぽーん!」
…と思いきや、

「ガブッ!なにこれおもしろそー!!」
そりゃそうなりますよね。笑
風船を壊すのは大会終了後のお楽しみにしてくださいませ!(破壊される前に風船退散。笑)

ステイホームが求められる今日この頃。特に出かけることも無かったのですが、キッチン用品で不具合が…
なんと、長年使い続けてきた包丁の刃がかけてしまいました。これは困った…

ということで向かった先はこちら。東京の台所、豊洲市場です。
築地から豊洲に移転してはや3年、感染対策をしてはじめて足を運びました。市場というと美味しいものがメインな印象がありますが、プロの料理人が調理器具を調達するところでもあります。
私は獣医師であってプロの料理人でもなんでもないんですが、物事は何事も形から、ということで。笑

市場名物、通称「ターレー」(正式名はターレット式構内運搬自動車だそうです)。
築地では遠目でしか見たことがありませんでしたが、近くで見ると迫力があります。

さてさて、やってきました刃物屋さん。
今回は「東源正久商店」さんにお邪魔してきました。

家庭では到底使いこなせないような大きな刃物がズラリ。
使いこなせないどころか、どうやって保管すればいいかすら分かりませんね。笑

私のお目当てはこちら。
うーん、これだけあるとどうやって選んだらいいのやら。ダマスカス鋼っていうのがいいものだということくらいしか知らず…笑

お兄さんの説明曰く、鋼を重ねて打ち、薄い刃にした波の模様があるもののほうがお勧めだということで。
「ちょっと高いんですけどね、やる気が出る一丁ですよ!」
はい、完全にお兄さんの説明にやられました(これを鴨葱というのでしょうか…)、購入決定。

帰り道に気づいたんですが、豊洲市場と選手村ってこんなに近かったんですね。
包丁を買いに来たついでといったら失礼ですが、オリンピックも身近に感じることができました。海風が気持ちいいので、いつか空と一緒に散歩したいなぁ。

さて帰宅後、すぐに試したくなってキッチンへ。包みからしてカッコいいじゃないですか!笑

おお~波打ってますねぇ、美しい。確かにやる気が出ます。笑

すぐさまキャベツを刻む岩切。
皆さんお気付きでしょうか、このキャベツの量。
はい、よく切れすぎで楽しくなって大量に刻んでおります。
結局この日はキャベツたっぷりな餃子になりました!笑

新しく仲間に加わった包丁さんと、美味しい手作り食を作っていきたいと思います!

 

前回の記事はこちら

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。