はじめまして!

初めて会ったときに一目惚れでお家に迎えることが決まった保護猫の【なめろう】(推定2019年5月27日生まれ)。よく兄弟の身体を舐めてあげていた優しいお兄さん。みんなが魚介系の名前がつけられていくため、その流れに乗って【なめろう】と命名しました。
今でもご飯のお皿をひたすら舐めています、、、

偶然が重なり巡り会えたシェットランド・シープドッグの【さんが】(2019年5月27日生まれ)。千葉県には「なめろう」を焼いた「さんが焼き」という郷土料理があり、すでになめろう迎えていた我が家にはピッタリ!しかも、さんがは千葉県出身!!
そんな名前のせいか最初は茶色かった毛色(なめろうの味噌色?)も段々と黒い毛が増えてきました(焼き目?)

そんな、なめろう・さんがの健やかな成長のために奮闘する家族は、冨田浩平と申します。

職業は獣医師で神奈川県、東京都内の動物病院で勤務した後、東洋医学と西洋医学の統合医療を用いた往診専門動物病院「イーズ動物往診所」を開院しました。

まだまだ、マイナーな往診や東洋医学ですが、未病の治療やシニアケア、慢性疾患への導入で動物さんの負担を減らせることを知っていただければ、何よりうれしいです。

獣医師といっても、お家の子の完璧なケアはできていませんが、なめろう&さんがと暮らす中で気をつけているポイントやただただ楽しんでいる日常(健康には一番大切だと思います)を発信できたらと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。