パリの猫たち vol.14 築150年のアパルトマンに暮らす2匹の元保護猫

フランス・パリで20余年。ずっと猫と暮らしてきたフォトグラファーがパリの素敵な猫と人と出会い、20の質問をたずねます。第14回は築150年のアパルトマンに、日本人デザイナーと暮らす2匹の元保護猫の物語です。

 

 

1. あなたの名前と職業を教えてください。

堀田貴子 自身のファッションブランドのオーナー兼デザイナー
犬と猫のカラーや洋服も作っています。

2. あなたの猫の種類、名前、年齢を教えてください。

白黒ハチワレのパスカル 4歳 メインクーンの血が入っています。
ジャンジャック(通称JJ) 3歳 雑種
ともに雄で、保護猫なので誕生日は不明ですが、パスカルは9月生まれ、JJは5月生まれです。

3. あなたの家はどんなおうち?

パリ1区、セーヌ川の近くのアパルトマン。築150年の歴史ある建物です。メザニン(中2階)になっていて2つの寝室とバスルーム、暖炉があります。

4. あなたの猫とはどのように出会いましたか?

パスカルは沖縄の保護猫ちゃんで、知り合いから譲り受けました。
JJは豊橋(愛知)の保護猫ちゃん。SNSで「保護したけれど、もらいうける人が見つからない場合は保健所に連れて行く」という記事を見つけて「取り急ぎ保護したい」と連絡し、我が家の子になりました。

当時、私と主人のカップルは別居婚のかたちをとっており、私が東京をベースにしながら、彼の職場のある香港や沖縄に月の半分ほど滞在するというスタイルでした。

今は主人がパリ勤務になったので、まず沖縄にいたパスカルを東京に連れてきて、そこから私とふたりでパリに。JJは主人とともにパリに移住してきました。

5. あなたの猫の平均的な1日は?

朝5時くらいに起床。私を起こして軽く朝ごはんを食べます。
9時におやつ。午前中は遊んだり、まったりしたり。
お昼を食べてからお昼寝。
夕方からごはん。JJはお散歩にでかけます。お散歩はアパルトマン内を探索。ドアから出ていき、勝手に戻ってきます。
パスカルは日に3、4回のブラッシングをせがみます。

6. あなたの猫の普段のごはんを見せてください。

「ロイヤルカナン」、「Purina One」、「いなば」と「ヤマキ」。

7. あなたの猫の特別な日のごはんはどんなもの?

特には決めていません。
強いて言うなら、「茅乃舎」のあごだしに本鰹節を加え、野菜とチキンをコトコト1時間煮たものでしょうか。

8. あなたの猫のおやつはどんなもの?

「いなば」のマグロ、カツオ、ささみなど。

9. あなたの猫の大好きな居場所を教えてください。

窓際。暑い日は冷たい所を探して寝転んでいます。そしてやっぱりパパとママの近く。

10. あなたの猫の大好きなおもちゃはなんですか?

「ダイソー」で買った猫じゃらし。袋はなんでも好きですね。

11. あなたの猫はどんな性格?

優しくて、甘えんぼうで、賢いです。

12. あなたの猫の特技は?

パスカルは用がある時は肩を叩きにきます。JJは自分の要望を鳴き声で上手に伝えます。

13. あなたにとってあなたの猫はどんな存在ですか?

子供であり、私の最優先事項です。

14. あなたの猫のここがかわいい!とひとつ挙げるならどこですか?

すべてが可愛いのです。

15. あなた自身とあなたの猫は似ていますか? 似ているならどんなところが?

気まぐれなところ。甘えんぼうなところ。

16. あなたの猫はあなたのことをどのように思っていると思いますか?

パスカルは世話係や友人。JJはママと思っているはずです。

17. あなた自身の猫歴を教えてください。

パスカルが最初の猫なので4年前から。

18. あなたとあなたの猫の一番楽しかったエピソードを教えてください。

たくさんあり過ぎて……選べません。

19. あなたの猫はあなたの生活、意識に何を与えてくれますか?

喜び。慈しみ。
社会が抱える犬、猫、動物に対する意識の低さを気づかせてくれました。

20. 悲しいことですが、あなたの猫があなたのもとを去る日がいつか来ます。どんな風にお別れしたいですか?

できるだけ長生きしてもらって、老衰で私の腕の中で安らかに眠らせたいとおもいます。

 


Text and Photos by Manabu Matsunaga, Edit by Miyako Akiyama

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。