ガチャと、地球の未来にやさしいドッグフードの話。

探していたガチャにやっと出会うことができました。ヨドバシカメラ新宿西口本店マルチメディア館のところ、ポケモン広場の前のガチャコーナーです。

これ! 「そんなもの、手に入れてどうするの?」と言われそうですが、欲しかったんです。すぐに200円を投入。

正確な名前は、「のびのびー ダックスくん」(今、改めて写真を確認。ゆるくていい感じ(笑))。ラインナップは、レッド、ブラックタン、クリーム、ブラックイエロー、チョコタンの5種。どれも気になりますが、やはり愛犬と同じチョコタンが欲しい! 出るまでやるぞ! と意気込んで臨みましたが、見事、1回でゲット。ちょっと拍子抜けしちゃいました(笑)。

が、実物を見てみると思ったよりかわいくない(笑)。ま、200円だしね、そんなもんよね、と思ったのですが、自宅に戻り、愛犬に対面させたところ、すっかり気に入ってしまいました。まず吠えて、そして食べようとします。だめだめ、こんなのカラダにいいわけありません。すぐに取り上げて、以来、愛犬には見せていません(笑)。

あまりにくだらないハナシで失礼しました(笑)。そんなわけで、もうひとネタ。

 

広尾駅近くに、上質なドッグフードを販売するショップがオープンしたと聞き、早速愛犬と出かけてきました。9月上旬にオープンした、「Foodie Dogs Tokyo HIROO(フーディドッグストーキョーヒロオ)」です。駅からは徒歩5分程度。明治通り沿いなので、迷うことなくたどり着けました。

ケリーは大切な家族。私自身はジャンクな食べ物もガンガン食べていますが、ケリーのごはんにはかなりこだわっています(笑)。1日でも長く一緒にいたいもの!

なので、美味しくて安全で、人や自然、地球の未来にやさしいことをうたっている「Foodie Dogs TOKYO」のドッグフード、とても気になっていたのです。

原材料となるのは農作物の被害対策などで捕獲された野生の鹿や猪たち。大自然を駆け巡って育った鹿や猪の天然肉は香り高く、栄養価も抜群なのだとか。野菜は、本来は消費される品質でありながら形やサイズなどが理由で市場に出回らなかったものを中心に使用。これらの原材料を中心に、タンパク質や脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどバランスよく合わせたレシピで丁寧に作り上げているそうです。

同ブランドを立ち上げた伊地知泰威さんによれば、「真の意味でのヒューマングレードを追求しています」とのこと。じつは私、それまで知らなかったのですが、ペットフードは、“食品”ではなく、 “雑貨”にカテゴリーされるんですって。“食品”よりも安全安心の基準が緩いということです。怖っ! が、こちらのフードは、「安全安心を前提に、素材と製法の両面で人間と同等の衛生管理基準を満たしたものを作っています」。聞いていたら私も食べたくなってきました(笑)。

早速、試食させてもらうと(ケリーがですよ、もちろん(笑))、もう夢中。写真撮影のために、「待て」の指令を出しても聞きません。お行儀悪すぎ!

主力商品は、総合栄養食「大自然で育った鹿の肉ごはん」(4,400円~)。主食は最近、別のものを買ってしまったばかりだったので、今回は、国産の猪の肉100%の、完全無添加ジャーキー「猪肉のおやつ」(990円)を購入しましたが、こちらもかなり気に入った様子。食いつきっぷり、動画でお見せしたいです(笑)。

そして、お店でポスターをみかけ、思わず二度見してしまったのですが、土日祝の9時から11時限定で、モーニングサービスの名のもと、「大自然で育った鹿の肉ごはん」を無料で食べ放題、また、飲むだけでオーラルケアになる口臭や歯周病予防に効果的なオーラルケア水もお試し可能なのだそう。週末はワンコと一緒に広尾で朝活、いいんじゃないでしょうか。

「Foodie Dogs TOKYO HIROO(フーディドッグストーキョーヒロオ)」
東京都渋谷区広尾5-19-20落合ビル1F
https://foodiedogs.com/
https://www.instagram.com/foodiedogs_jp/

 

前回の記事はこちら

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。