一定の距離感を保ち続ける、不思議な関係性

こんにちは。

さて、我が家の猫たちですが。
一緒に暮らしはじめて5年程が経ちますが、寒い冬以外は相変わらず一定の距離感を保ち続けています。

決してぴったりとくっついて寝ることはない2匹、不思議な関係性だなぁと思います。

ミーくんがちょこんと座っているのはミーくん専用のベッドなのですが、先日、微妙に使いづらそうにしているミーくんを見かけました。

ミーくんのベッドの隣にある机は、アルちゃんの爪とぎ場所になっているのですが、
そんなアルちゃんの爪とぎを少し遠くから見ているミーくんは、イカ耳で不満そうな様子。

爪とぎを終えて満足したアルちゃんと、一連のアルちゃんの様子を見ているミーくん。

待ちくたびれたのか、あくび中のミーくんを嫌な顔で見るアルちゃん。
「いや、一瞬だったけど……」というアルちゃんの声が聞こえてきそうです。(笑)

この2匹のやりとりを見て、ミーくんのベッドを移動させようと思い事務所にお引っ越しさせました。

ミーくんは一緒の空間にいるのが好きなようで、私の仕事場所を変える度にミーくんのベッドもお引っ越しさせています。

アルちゃんも、ミーくんと近すぎず遠すぎない距離で、リラックスしている様子でした。

ここではベッド邪魔されずに使えて幸せそうです。

季節や2匹の気分転換で、家の中をちょっとずつ移動していく猫たちでした。

それでは、また来週。

 

前回の記事はこちら

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。