Mon Cachette vol.24 白いお部屋で暮らす4匹の猫

都心のマンションの広い一室で4匹の猫と暮らすのは、PR会社代表の新井ミホさん。猫たちのより良い暮らしを考えて、ペット向けのナチュラルフードや、サプリメント・消臭スプレーなどを開発・販売するブランド「LA CHATON(ラシャトン)」を立ち上げました。

 

 

vol.24 新井ミホさん&グリ(キジトラ、7歳)、アオイ(ロシアンブルー、1歳)

 

訪れたのは東京・青山のマンション。ファッションのイメージが強いこの街で暮らすのは新井ミホさんです。乳白やアイボリーなど、やわらかな白色を幾重にも重ねたようなインテリアのリビングルームは居心地抜群で、新井さんの穏やかな語り口とともに、そのやさしい人柄を表しているよう。職業はナチュラル&オーガニックコスメのブランドPRを担う会社代表と聞けば、「なるほど」と納得できるクリーンでスタイリッシュな雰囲気です。

アンティークのドロワーの上には仏の陶器ブランド「アスティエ・ド・ヴィラット」のコレクションも。

現在、新井さんの家族は猫が4匹。この日は最古参のグリと、いちばん若いアオイが姿を見せてくれました。保護猫だったというグリとはどこで出会ったのでしょう?

「13年間ずっと一緒に暮らしていたロシアンブルーのミウが亡くなり、自分でも動揺するほど深刻なペットロスに陥ってしまったのです。悲しみに沈んでいる私を見かねた猫好きの友人から、『生後1カ月くらいの保護猫がいる』という連絡をもらい、出会ったがグリでした」

生後1か月ほどで出会った元保護猫のグリ。

ハンギングタイプのキャットベッドでくつろぐグリと新井さん。

この出会いが保護猫を取り巻く状況を知るきっかけとなり「なにか猫に対する恩返しがしたい」と、2016年には猫の生活をより良いものにするグッズの開発・販売を手掛けるブランド「LA CHATON」を立ち上げました。

「LA CHATON」のナチュラルチキンペースト(左)と、アルコールも薬品も使わない「水の除菌消臭スプレー」

「LA CHATON」の商品開発は犬猫用のフードからスタート。ナチュラルな飼料を与え、フリーレンジ(ケージに閉じ込めずに平飼いをすること)で育てられたニュージーランドのチキンを採用したペースト状のおやつ「ナチュラルチキンペースト」は、オーガニックのプロである新井さんのこだわりで、すべてがヒューマングレード(人間も食べられる)の基準を満たしています。

「ナチュラルチキンペースト」について語っていたら、いつのまにかスリスリとやってきたアオイ。

いつもは他の猫たちと取り合うペーストを今日はひとり占め。贅沢!

4匹の猫たちと暮らす日々について新井さんは「仕事やさまざまなことで心がぎすぎすしてしまう日でも、この子たちを見ているだけでほがらかになり、心がやわらかになるのを感じます」と語ります。

広いリビングルーム。観葉植物も猫が食べても安全なものをセレクト。

新井さんの審美眼で選ばれたキャットハウスとトイレ。いずれもシンプルで美しい。

造形としても美しい猫をかたどった植木鉢やオブジェ。

さらに、「自分のいやなことはしない、マイペースで毅然とした猫たちの生き方に学べることは多い」と同じ猫好きの友人たちと盛り上がることも多いとか。

撮影スタッフにも慣れ、一緒に遊んでくれたアオイ。

たしかに、つい他者の表情や周囲の状況を気にして人間関係に疲れがちな私たちからすれば、自分自身を慈しむ猫たちの様子に学ぶことも多そう。この日はグリとアオイに会えましたが、残り2匹には新井ミホさんのインスタグラムで会えるはず。ぜひチェックしてみてください。

新井ミホさんのインスタグラム
@mihoarai0527


Text by Miyako Akiyama, Photos by Masahiro Heguri

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。